<平壌・平壌の人たち>最新の北朝鮮商品カタログを入手…多様化・洗練化

<平壌・平壌の人たち>最新の北朝鮮商品カタログを入手…多様化・洗練化

2018年09月17日14時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮の商品カタログ『朝鮮商品』に掲載されている銀河水シャンプー・リンスの広告。平壌化粧品工場で生産された製品。(中央フォト)
  北朝鮮はゴールキーパーを「ムンチギ(門番)」と呼ぶなど自国の言葉の使用を好む。しかしシャンプーとリンスに関しては北朝鮮も韓国と差がない。2年前に入国した30代の脱北女性Aさんは「北で数年前から生産されて販売されている製品の容器にはシャンプーやリンスと表記している」と伝えた。Aさんは「過去に海外生活をしたり外貨商店で外国製品を購入して使用する人たちの周辺でシャンプーやリンスという表現を使うことはあった」とし「しかし(北朝鮮)国内で生産する製品はほとんどなく、ほとんど石けんを使っていたが、最近はいくつかの化粧品工場でシャンプーとリンスを生産していて、使用者が増加している」と説明した。

  中央日報が最近入手した北朝鮮商品カタログ(『朝鮮商品』、2018年4月製作)によると、平壌(ピョンヤン)化粧品工場と龍岳山(リョンアクサン)石けん工場が現在、シャンプーとリンスを生産して販売中だ。平壌化粧品工場は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が現地指導をし、「我々(北朝鮮)が作ったマスカラは女性が一度あくびをすればパンダのようになってしまう」とし「製品の質を向上させるべき」と指示したところだ。

  ここで「銀河水」という商標で生産しているシャンプーは200ミリリットル、500ミリリットル、750ミリリットル。いわゆる「栄養シャンプー」も生産中だ。龍岳山石けん工場では500ミリリットル、700ミリリットルを生産しているが、「髪栄養用」など機能性を宣伝している。北朝鮮が広報用としてカタログに載せた写真の容器もポンプ式で韓国産と似ている。

  国家安保戦略研究院のキム・ボミ研究委員は「最近、北の商品は多様化し、製品の包装が過去に比べて洗練されている」とし「地域別・階層別に差はあるだろうが、デザインや栄養を強調したのは、食の心配をする段階を越えた需要階層が存在するという意味」と分析した。

  実際、このカタログは北朝鮮の43社で生産した904件の製品を収録しているが、北朝鮮は保湿肌理水(保湿スキン)、保湿水クリーム(保湿ローション)をはじめ、老化防止用の化粧品も開発して市販中だ。また、髪固着剤(スプレー)や銀の舌かき、天然美顔膜(顔パック)などとともに曲線型数字式レッドテレビ(カーブ型デジタルHDTV)も載っている。化粧品だけでなくプルンハヌル(=青空)連合会社とアチム(=朝)コンピューターの合営会社が生産するコンピューターやノートブック、タブレットPC、USBなども紹介されている。しかし32ギガバイトのUSBが最高仕様であるほど製品の質やデザインは韓国産と差がある。

  北朝鮮は「高性能コンピューター」と宣伝しているが、製品の諸元は公開していないケースもある。国家安保戦略研究院のキム・イルギ北朝鮮研究室長は「中国などから半製品を輸入して組み立てていると把握している」とし「制裁などのため新しい製品や高性能部品の搬入は難しいのではないだろうか」と述べた。「腕輪(ブレスレット)1つで脳血栓を防ぐ」と宣伝する「天然活性腕貫」は製品の写真を見せながらも製品の成分には言及していない。

  北朝鮮は過去にも会社別にカタログを作成して商品を宣伝する場合があった。しかし今回のように多数の会社の製品を集めたものはほとんどなかった。カタログを作成した朝鮮国際貿易促進委員会のオ・テボン委員長は「貿易取引を活性化し、合弁および投資機会を用意し、国内企業の協力と交流のために商品を総合的に宣伝する冊子を作った」と紹介した。

  ◆どうやって取材?

  月給4000ウォン(北朝鮮貨幣)の人が一食に1万ウォン以上の食事をする。最近の北朝鮮経済の「逆説的」な姿だ。どうすればこのようなことが可能になるのか。脱北者は北朝鮮経済の市場化が急速に進んでいるためだとみている。飢謹や経済難で大規模な餓死者を出した北朝鮮の現在はどんな姿なのだろうか。中央日報と国家情報院傘下の国家安保戦略研究院が共同で最近入国した脱北者と国内外の情報に基づいて「金正恩の北朝鮮」をのぞいた。北朝鮮当局で経済政策を担当していた幹部級や市民を含む脱北者などに面接した。北朝鮮に残っている家族の安全を考慮して脱北者は匿名で報道する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 北朝鮮の商品カタログ『朝鮮商品』に掲載されている銀河水シャンプー・リンスの広告。平壌化粧品工場で生産された製品。(中央フォト)
  • 北朝鮮の商品カタログ『朝鮮商品』に掲載されている金剛山(クムガンサン)合弁会社の化粧品。(中央フォト)
  • 北朝鮮の商品カタログ『朝鮮商品』に掲載されている北朝鮮の化粧品。髪固着剤、肌理水などがある。(中央フォト)
  • 北朝鮮の商品カタログ『朝鮮商品』に掲載されているノートブックとUSB(記憶機)。USBの最大容量は32ギガバイト。(中央フォト)
  • 北朝鮮の商品カタログ『朝鮮商品』に載せられた曲線型テレビ。ラグォン技術交流会社が生産している。(中央フォト)