주요 기사 바로가기

Netflix歴代最多視聴者記録を達成…「『世界的水準の韓国コンテンツ』という夢を『イカゲーム』が現実にした」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.13 15:16
0
Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『イカゲーム』が歴代最多世帯視聴記録を破った。

13日、Netflixによると、世界1億1100万の加入世帯が『イカゲーム』を視聴して、同社が設立された1997年以降、最も多い加入世帯が見たコンテンツになった。

以前の最多視聴記録は世界8200万世帯が視聴した米国ドラマ『ブリジャートン家』(2020)、7600万世帯が視聴したフランスドラマ『Lupin/ルパン』(2021)と米国ドラマ『ウィッチャー』(2019)だった。

◆韓国シリーズ初の米国1位、21日連続1位記録

『イカゲーム』は先月17日の公開後、韓国シリーズで初めて米国Netflix(ネットフリックス)「今日のトップ10」首位に立ってから21日連続1位を維持している。非英語圏コンテンツでは最長期間記録となる。

公開後1カ月も経たない期間に『イカゲーム』はNetflix公式集計で190余カ国中94カ国で「今日の総合トップ10」首位を席巻した。OTT順位集計サイト「FlixPatrol」によると、『イカゲーム』はインドでも1位を占めて同サイトの集計対象である83カ国すべてで1位を占めたコンテンツになった。

◆テッド・サランドス氏「歴代で最も大きな作品になる可能性も」…現実に

Netflixの創立者であり共同CEOのリード・ヘイスティングス氏がドラマに登場する緑色の運動服を着て認証ショットを公開した『イカゲーム』は、テッド・サランドス共同CEOが「Netflixの非英語圏作のうち最も大きな作品になるものとみられる。Netflixが現在までリリースしたすべての作品のうち最も大きな作品になる可能性もある」と語った以上の人気を謳歌している。

456億ウォン(約43億円)の懸賞金がかかったサバイバルゲームに命をかけて参加した456人の参加者の物語を描き、「韓国特有の感受性と世界の人々の普遍的な感情を同時に表現」(バラエティー)、「韓国創作者のコンテンツ製作能力を立証」(ブルームバーグ)など全世界の好評を受けている。6日には主人公を務めたイ・ジョンジェ、パク・ヘス、ウィ・ハジュン、チョン・ホヨンが米国NBCトークショー『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に出演してその人気を立証した。独特の演出やシンプルなゲーム、韓国的な情緒で「ミーム」の再生産も活発で、オンライン上では「イカゲーム衣装」「イカゲームタルゴナ」が飛ぶように売れている。

Netflixアジア太平洋コンテンツ(インド除外)総括VPのキム・ミニョン氏は13日、「2015年Netflix韓国投資以降、目標だった『世界中のファンのための世界的水準の韓国コンテンツ』という夢を『イカゲーム』が現実にした」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Netflix歴代最多視聴者記録を達成…「『世界的水準の韓国コンテンツ』という夢を『イカゲーム』が現実にした」

    2021.10.13 15:16
    뉴스 메뉴 보기
    Netflix(ネットフリックス)のオリジナルシリーズ『イカゲーム』予告篇のある場面。[写真 Netflix]
    TOP