주요 기사 바로가기

『イカゲーム』、ネットフリックスがサービスされる83カ国で1位を記録

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.03 09:24
0
韓国ネットフリックスのオリジナルシリーズ『イカゲーム』が結局世界のネットフリックスを制覇した。前日まで2位を記録していたインドで1位を占めてだ。これにより『イカゲーム』はネットフリックスがサービスされる83カ国すべてで1位を記録した。

2日に発表されたオンライン動画サービス順位集計チャートによると、『イカゲーム』はランキング集計が確認される83カ国のうちデンマークとトルコの2カ国を除いた米国とフィンランド、インドネシア、ノルウェー、日本などを含む81カ国の「ネットフリックスきょうのトップ10テレビ番組」ランキングで1位となった。

特に前日まで2位だったインドでも1位となった。前日1位を記録したデンマークとトルコでは2位に押し出されたが、これで『イカゲーム』は世界でネットフリックスが正式サービスされるすべての国で1位を記録した初の作品になった

『イカゲーム』は83カ国中81カ国で1位を占めて828点を記録した。2位である英国のネットフリックスシリーズ『セックス・エデュケーション』は670点を記録した。

これに先立ちインドではインドドラマである『コタ・ファクトリー』が1位を記録し、『イカゲーム』が1位になれなかった。『コタ・ファクトリー』は予備校で有名な都市コタに全国の秀才が集まり名門大学進学に向けた激しい競争を広げるストーリーだ。

『コタ・ファクトリー』は『イカゲーム』より1週間遅く公開されたが、『イカゲーム』を抜いて1位を守ってきた。ダンスと歌で展開するボリウッド特有の感性が不足し追加興行は難しいという予測が出たりもしたが結局は1位に上がった。

『イカゲーム』は456億ウォンの賞金がかかった謎のサバイバルゲーム参加者が最後の勝者となるために命を賭けて極限のゲームに挑戦するストーリーのドラマだ。歴代級の人気に出演俳優も大人気を得ている。

ネットフリックスのテッド・サランドス共同最高経営責任者(CEO)兼最高コンテンツ責任者(CCO)は最近米国で開かれたカンファレンスに参加し、「ネットフリックスがこれまでに公開したすべての作品のうち最も大きな作品になる可能性がある」と『イカゲーム』を評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『イカゲーム』、ネットフリックスがサービスされる83カ国で1位を記録

    2021.10.03 09:24
    뉴스 메뉴 보기
    『イカゲーム』[写真 ネットフリックス]
    TOP