주요 기사 바로가기

米ITC、「営業秘密侵害」でSKイノベーションの早期敗訴決定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.16 11:58
0
米国際貿易委員会(ITC)が14日、LG化学とSKイノベーションの二次電池営業秘密侵害訴訟と関連し、SKイノベーションに「早期敗訴判決」を下した。

今回の判決はITCが営業秘密侵害訴訟前後の過程でSKイノベーションによる悪意的で広範囲な証拠毀損とフォレンシック命令違反を含む法廷冒涜行為などに対し法的制裁を下したもので、さらに多くの追加的な事実審理や証拠調査をせずにLG化学の主張を認定し、仮決定を下したものだ。

これに伴い、当初3月初めに予定されていた弁論などの手続きなくそのまま10月5日までのITC委員会の「最終決定」だけが残されたことになる。

SKイノベーションは▽昨年4月29日にLG化学が営業秘密侵害訴訟を提起した翌日に電子メールを通じて今回の訴訟の証拠になる関連資料の削除を指示し、▽これに先立ち昨年4月8日にLG化学が内容証明で警告文書を送った直後に3万4000件のファイルとメールに対する証拠を隠滅したことが発覚している。

またITCの命令にもかかわらず▽フォレンシックをしなければならない75件のエクセルシートのうち1件に対してだけ進め、▽残り74件のエクセルシートはひそかに独自のフォレンシックを進めた状況など法廷冒涜行為も明らかになっている。

これに対しLG化学は昨年11月5日、ITCに「SKイノベーションの早期敗訴判決」を要請している。

LG化学はSKイノベーションの行為に対し、「極めて遺憾と考え、SKイノベーションに対する法的制裁で当社の主張がそのまま認められただけに残っている訴訟手続きに最後まで積極的で誠実に臨む」と明らかにした。

一方、ITC委員会で最終決定が下されればLG化学の二次電池関連の営業秘密を侵害したSKイノベーションのバッテリーセル、モジュール、パックと、関連部品素材に対する米国内輸入禁止の効力が発生する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP