주요 기사 바로가기

LG化学「SKイノの証拠隠滅状況が明らかに」…米ITCに早期敗訴要請

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.14 14:46
0
LG化学がSKイノベーションを相手に提起したバッテリー技術流出訴訟に関連し、米国際貿易委員会(ITC)に早期敗訴判決を要請したと14日、明らかにした。ITCは独立的な準司法連邦機関で、貿易に関連する事案で幅広く独自の調査権を持つ。

LG化学の関係者は「ライバル会社が訴訟提起の翌日、メールで資料の削除を指示するなど証拠隠滅をした状況が表れた」とし「法廷冒とく行為が表れた以上、放置できないと判断し、強力な法的制裁を要請した」と述べた。ITCがLG化学の早期敗訴判決を受け入れる場合、年初から続いてきたバッテリー技術流出訴訟は年内に結論が出る見通しだ。

これに先立ちITCはLG化学が提出した67ページ分量の要請書と94の証拠目録をホームページに公開した。LG化学は要請書で「SKイノベーションが証拠保存義務を無視して広範囲な証拠隠滅を進めた」とし「SKイノベーションの敗訴判決を早期に出すか、LG化学の営業秘密を盗み出して研究開発および生産などに使用したという事実などを認めてほしい」と主張した。ITC訴訟手続きに基づくと、一般的に原告が提起した早期敗訴判決を受け入れる場合、予備決定段階まで進行せず被告に敗訴判決を出す。その後、ITC委員会が最終決定を出せば、原告の請求に基づき関連製品に対する米国内の輸入禁止効力が発生する。

LG化学はディスカバリー(discovery、証拠開示手続き)などを通じて確保したSKイノベーションの社内メールもこの日公開した。ディスカバリーとは訴訟当事者の双方が要求した証拠目録をITCを経て相互確認する作業をいう。この過程で訴訟当事者が関連の証拠を共有する。ここには「パソコン、メール、チームルームの競争会社関連資料はすべて削除願います。特にSKBAは注意して見てください」と書かれている。LG化学は「今年4月8日に内容証明公文書を発送した当日、SKイノベーションは7つの系列会社のプロジェクトリーダーに資料削除に関するメモを送った状況が表れた」と主張した。

LG化学はこの日、SKイノベーションがITCのフォレンジック命令もまともに履行していないと声を高めた。LG化学は「ITCが出したフォレンジック命令にもかかわらず1件のエクセルシートだけを調査した」とし「SKイノベーションはフォレンジック進行時にLG化学側の専門家も1人参加させて観察できるようにすべきというITCの命令にもかかわらず、重要な調査過程でLG化学側の専門家を意図的に排除するなどフォレンジック命令違反行為を続けた」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP