주요 기사 바로가기

<サッカー>移籍金ゼロの本田、エリクセン、リベリー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.01 15:26
0
サッカーの移籍料は選手の価値だ。実力が優れていれば天文学的な金額がつけられる。ネイマール(2360億ウォン)やリオネル・メッシ(1970億ウォン、トランスファーマルクト基準)が代表的な例だ。ところが「移籍料0ウォン」にサッカー人生をかけたスターがいる。2010年代の日本サッカーのアイコン本田圭佑(33)、孫興民(ソン・フンミン)の同僚クリスティアン・エリクセン(27、トッテナム)、そしてバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)のレジェンドのフランク・リベリー(36、フィオレンティーナ)がそうだ。本田は「移籍料0ウォン」を主要スペックにして求職している。

本田は先月28日、ツイッターでマンチェスターユナイテッドに対し「私にオファーを出してほしい。お金は必要ない。ただ最高のチームで最高のチームメートとプレーしたい」とコメントした。マンUは最近、FW選手が相次いで負傷して厳しい状況だ。本田は英メディアが自分を代案に挙げたことを知るとすぐに「セルフセールス」を始めた。

本田が破格的な逆オファーができるのは移籍料のない自由契約選手だからだ。5月にメルボルン・ビクトリー(豪州)との契約が終わった本田は現在無所属だ。実力と経験を持つ本田に目を向ける球団は多い。本田は2018-19シーズン、メルボルンで7得点・5アシスト(18試合)をマークした。ACミラン(2014-17年)などビッグクラブでもプレーした。アジア選手のワールドカップ(W杯)通算最多得点(4得点)も本田の記録だ。

エリクセンも「移籍料0ウォン」で人生最高の移籍を目指している。今季を最後に契約が終わるエリクセンはトッテナムと再契約をせず、冬の移籍市場が終わるまで待つ戦略だ。欧州では契約満了6カ月前までに所属チームと再契約をしなければ移籍料なく移籍できる。この場合、選択の幅も広がり、高額年俸も要求できる。昨季10得点・17アシスト(51試合)をマークしたエリクセンはプレミアリーグ最高のプレーメーカーに挙げられる。全盛期に最高の条件で移籍する考えだ。

トッテナム球団は昨季までエリクセンの移籍料を1億3000万ポンド(約1920億ウォン)とした。高額の移籍料のためレアル・マドリード(スペイン)は獲得競争から退いた。トッテナムは最近、エリクセンの移籍金を3000万ポンドに下げた。市場の雰囲気は冷たい。主戦力だったエリクセンは今季、ベンチと先発を行き来している。

リベリーは「移籍金0ウォン」で「第2の全盛期」を迎えた。12年間プレーしたミュンヘンとの契約が終わったリベリーは8月、自由契約選手でフィオレンティーナに入団した。フィオレンティーナは年俸400万ユーロ(約4億5000万円、期間2年)で特級のベテランを迎えた。リベリーがミュンヘンで124得点(425試合)したことを考えると安く獲得できたということだ。

フィオレンティーナは「リベリー効果」を得ている。リベリーは8月23日のアタランタ戦で鮮やかなデビューゴールを決めた。8月14日のユベントス戦ではクリスティアーノ・ロナウド(34)より優れた競技力を見せた。フィオレンティーナのオーナーのロッコ・コミッソ氏は「36歳のリベリーがロナウドよりよかった」と喜びを表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP