주요 기사 바로가기

<アジア杯>欧州組2人vs11人…韓国は日本を見習うべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.29 09:47
0
「日本-サウジアラビアの決勝トーナメント初戦を観戦したが、日本のメンバーを見て驚いた。日本の先発選手全員が欧州の名門チームでプレーしていた」。

サッカーベトナム代表の朴恒緒(パク・ハンソ)監督は23日、日本とのアジアカップ準々決勝を控えてこのように語った。日本は29日、アラブ首長国連邦(UAE)アルアインで行われたアジアカップ準決勝でイランに3-0で完勝したが、朴監督が話したように日本の先発メンバー11人全員が欧州組だった。

4-4-2フォーメーションでFWの大迫勇也(ブレーメン)、南野拓実(ザルツブルク)、MFの原口元気(ハノーファー)、遠藤航(シントトロイデン)、柴崎岳(ヘタフェ)、堂安律(フローニンゲン)、DFの長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)、冨安健洋(シントトロイデン)、酒井宏樹(マルセイユ)、さらにGK権田修一(ポルティモネンセ)までが欧州の舞台に立つ。ドイツとベルギーが各2人、イングランド、スペイン、オランダ、トルコ、ポルトガル、オーストリア、フランスが各1人だ。

日本の選手はグローバル化のために欧州プロサッカー進出に積極的だ。Jリーグでプレーした日本の選手は欧州のビッグクラブでなく中下位圏チームでも果敢に移籍する。現実に安住せず欧州舞台に挑戦することを望む。日本Jリーグも選手の欧州移籍を引き止めずに送り出すケースが多い。日本の選手はオランダやフランスのリーグで先発でプレーし、自信と勇気を得た。

サッカー日本代表は今回のアジアカップに挑戦的に臨んだ。まず本田圭佑(33、メルボルン・ビクトリー)、香川真司(30、ドルトムント)、岡崎慎司(33、レスターシティ)を除いて若い欧州組に世代交代をした。韓国代表でいえば奇誠庸(キ・ソンヨン、30、ニューカッスル)、李青竜(イ・チョンヨン、31、ボーフム)、具滋哲(ク・ジャチョル、30、アウクスブルク)をメンバーから除くようなものだ。

日本はサウジアラビアとの決勝トーナメント初戦で「アンチフットボール」をして1-0、ベトナムとの準々決勝でも1-0で辛勝した。しかし日本は準決勝で国際サッカー連盟(FIFA)ランキングがアジアで最も高いイラン(29位)を破って真価を発揮した。

欧州選手と体格が似ているイランの選手とも互角に競り合った。特に後半11分、イランの選手5人が審判に抗議する間、南野はボールを追いかけてクロスを上げた。南野の執念は大迫のヘディング先制ゴールにつながった。日本代表の森保一監督は試合後、「イラン戦の勝利は選手の勇気と闘魂のおかげ」と述べた。

一方、韓国代表は25日、アジアカップ準々決勝で力を十分に発揮できず敗れた。カタール戦の先発メンバー11人のうち欧州組は孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)と李青竜(イ・チョンヨン、ボーフム)の2人だけだった。

金敏在(キム・ミンジェ)、李鎔(イ・ヨン)、金珍洙(キム・ジンス、以上全北)、黄仁範(ファン・インボム、大田)、朱世種(チュ・セジョン、牙山)のKリーガー5人、黄儀助(ファン・ウイジョ、ガンバ大阪)、金承奎(キム・スンギュ、ヴィッセル神戸)のJリーガー2人、残りの1人はカタールリーグ所属の鄭又栄(チョン・ウヨン、アルサド)だ。

もちろん韓国代表は23人のうち欧州組8人を保有する。しかし池東源(チ・ドンウォン)、具滋哲(以上アウクスブルク)、李承佑(イ・スンウ、ヴェローナ)、黄喜燦(ファン・ヒチャン、ハンブルク)は交代メンバーで、奇誠庸と李在成(イ・ジェソン、ホルシュタイン・キール)はけがのため抜けた。

韓国サッカーはアジア競技大会で2大会連続で金メダルを獲得し、兵役問題は欧州進出に障害にならない。まず欧州のチームは実力が劣る韓国の選手に大きな魅力を感じていない。さらにKリーグと中国、日本、中東リーグで数億ウォンの年俸を受けながら現実に安住する場合もある。

イングランドのワトフォード移籍説があった中央DF金敏在(キム・ミンジェ)は中国の北京国安への移籍が決定した。トルコとフランスのチームが関心を示した金英権(キム・ヨングォン)は中国の広州恒大を離れてガンバ大阪に移籍した。独ブンデスリーガ進出説があったFW黄儀助(ファン・ウイジョ)もガンバ大阪に残留する雰囲気だ。

Kリーグのシステムも問題だ。MF黄仁範(ファン・インボム、大田)は欧州でなく米バンクーバー・ホワイトキャップスへの移籍を目前にしている。ドイツのハンブルクが黄仁範に関心を見せたが、大田と移籍料が合わなかった。

Kリーグ球団はエースが欧州移籍を進める場合、移籍料20億ウォン(約2億円)以上を要求して交渉が決裂することが多い。水原と全北は大義的な次元で移籍料15億ウォンで権昶勲(クォン・チャンフン、ディジョン)と李在成の欧州行きを認めた。もちろん権昶勲と李在成は中東チームの巨額の年俸を断るなど本人の挑戦意志が強くて実現したケースだ。

在日スポーツコラムニスト慎武宏(シン・ムグァン)氏は以前、「韓国の選手はお金と安定(試合出場)を、日本の選手は夢と人生経験(海外生活)を重要視して海外に行くケースが多い。韓国は兵役があるので急いで結果を望むしかないが、日本の選手はあたかも隣国に短期留学に行くように自由に挑戦する」と説明した。また「2002年ワールドカップ(W杯)で日本を指揮したトルシエ監督が当時、『日本サッカーが世界の舞台で競争力を持つには海外組が増えなければいけない。欧州1部-2部リーグを含む30人ほどの選手が欧州でプレーする環境になれば、日本はW杯ベスト8も可能だ』と述べた。当時、欧州組は中田、稲本、小野、川口ほどだった」と話した。現在、欧州1、2部リーグでプレーする日本の選手は約30人だ。

日本は昨年のロシアW杯で16強入りし、アジアカップ通算5回目の優勝に挑戦する。一方、韓国はロシアW杯のグループリーグで敗退し、アジアカップでは59年間も優勝がない。

ヘタフェのMF柴崎(27)は、「前キャプテンの長谷部誠(35、フランクフルト)が代表チームから抜けたが」という質問を受けると、20秒近く考えてからこのように語った。「長谷部選手だけでなくロシアW杯後はベテラン選手たちがいない。私たちは次のステージの2022年カタールW杯に出場するため努力していく。選手たちは目標と責任感を持っている」。

日本サッカーは前進しているが、韓国サッカーは停滞している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP