주요 기사 바로가기

<アジア杯>「臨時カード」と呼ばれた森保監督のアジア制覇の夢

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.01.30 09:07
0
28日(日本時間)、2019アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ準決勝の日本-イラン戦が行われたアラブ首長国連邦(UAE)ハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム。日本のゴールゲッター大迫勇也(ブレーメン)が先制ゴールを決めた瞬間、競技場内の日本人は熱狂した。応援席の日本ファンは雄叫びを上げながら喜びを満喫し、両手を強く握り合わせて大きな声で応援した。ベンチのコーチングスタッフと選手も抱き合い、サイドラインまで走っていった。こうした中でも落ち着いて行動する人物が1人いた。少し口元に笑みを浮かべただけの彼は、何もなかったかのように普段通り手に持つ手帳にメモを始めた。サッカー日本代表の森保一監督だ。

森保監督が率いる日本代表はこの日、イランに3-0で完勝して決勝進出を決めた。イランは準決勝までの5試合で12得点・無失点と弱点のないチームだった。アジアで国際サッカー連盟(FIFA)ランキングが最も高いイラン(29位)との事実上の決勝戦で勝利した日本(50位)は、来月1日の決勝戦で通算5回目のアジアカップ優勝に挑戦する。森保監督も指導者人生で全盛期を迎えている。ヘッドコーチとして日本を2018ロシアワールドカップ(W杯)16強に導いた森保監督は同年のジャカルタ・アジア競技大会ではU-23(23歳以下)日本代表を率いて決勝に進出した。今大会まで含めると国際大会で2回連続の決勝進出だ。

昨年7月に日本代表の指揮棒を握った森保監督は一部の専門家の間で「臨時カード」と呼ばれた。抜てきの過程のためだ。ロシアW杯まで代表チームを率いた西野朗監督が退いた後、日本サッカー協会は数人の外国人監督と交渉したが決裂した。適切な外国人候補を探すのが難しくなると、日本協会は森保監督に視線を向けた。ユース代表の指揮官まで兼任する破格的な人事だった。すると、森保監督は外国人監督が見つかるまで代表チームを引き受けるのだろうという見方が出てきた。

さらに日本は、昨年ロシアW杯までチームを支えてきた本田圭佑と長谷部誠が代表引退を宣言したことで世代交代を進行中だった。指揮官はもちろんチーム戦力までも「ビッグ4」(韓国、日本、イラン、豪州)のうち最も重量感が落ちるという評価だった。さらに今大会にはマルチェロ・リッピ(中国)、アルベルト・ザッケローニ(UAE)、 スベン・ゴラン・エリクソン(フィリピン)など世界的な名将が多く、スポットライトをほとんど受けることができなかった。

森保監督は周囲の視線にもかかわらず信念を持って行動した。アジアカップ最終エントリーから香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスターシティ)など攻撃の従来の中心メンバーを外した。その代わり堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(ザルツブルク)、北川航也(清水)など20代前半の若い選手を抜てきした。2022カタールW杯に向けて次世代の選手が経験を積む機会を与えるという趣旨だ。その一方でDF陣には30代のベテランの長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)を置いて安定感を与えた。

森保監督の日本代表は専門家の予想を覆した。森保監督は試合中にメモを取る。情報や戦術を把握して手帳に書き留めておき、対策を見つけるという独自のやり方だ。メモを使って徹底的に計算する。グループリーグの最初の2試合は低調だったが、動揺せず準備した通りに動いた。森保監督はグループリーグ1位がかかる第3戦では、ウズベキスタンを相手にベストイレブンのうち10人を入れ替えて選手団の体力を温存した。決勝を眺めるなら予選で無理をしてはいけないという考えだ。日本はウズベキスタンに2-1で勝利した。

サウジアラビアとの決勝トーナメント初戦では日本のパスサッカーを捨てる破格的な戦術で1-0で勝った。ボールはサウジアラビアに支配させて守備を固め、徹底的に計算されたサッカーを見せた。イラン戦では「守備からの逆襲」を見せた後、後半に仕掛ける変則戦術で勝利をつかんだ。FOXスポーツアジアは「森保監督が日本を決勝に導くと予想する人は多くなかった」と評価した。森保監督は「一つのカラーだけで試合をしなかったのがイラン戦で勝利した要因」とし「いかなる戦術も柔軟にこなす選手たちと決勝でもこれまで通りに臨みたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP