주요 기사 바로가기

“スーパードル”でウォン安加速…韓国銀行総裁の選択は(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.12 09:01
0
韓国国内の変数も依然として解決しにくい難題だ。たばこ価格の値上げ分を差し引くと消費者物価上昇率はすでにマイナスだ。生産と消費も冷え込んでいる。崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相兼企画財政部長官が遠回しに金利引き下げの必要性を強調したのに続き、11日には与党セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表も、「通貨当局の積極的対処」を要求してきた。市場にも金利引き下げへの期待が広まり、債券利回りは連日下落傾向を見せている。

その上時間が過ぎるほど韓国銀行の選択肢は狭くなる。米国の利上げが近づくほど新興市場の不安は加重され金利を下げるのが困難になる恐れがある。どうせ低くするならば早くするほど負担が少ないという指摘が出る背景だ。スタンダードチャータード銀行のパク・ジョンフン専務は、「全世界が通貨戦争を行っている状況なのに加え、韓国の景気はデフレを心配しなければならないほど厳しい状態。韓国銀行は基準金利を下げるほかない袋小路に追い込まれている」と診断した。しかし韓国銀行は雪だるま式に増えている個人負債が依然として気がかりだ。基準金利を1%台に下げればそうでなくても急増している個人負債の増加速度はさらに加速しかねない。新興市場で始まった不安もどこまで広がっていくのかまだ計り難い。李総裁の天秤はどちらに傾くだろうか。市場はいらだつように韓国銀行を見つめている。
“スーパードル”でウォン安加速…韓国銀行総裁の選択は(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP