주요 기사 바로가기

「中国市場は広くて機会多く…韓国の若者が挑戦する価値ある」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.23 15:28
0
--ショッピングモールプロジェクトを始めたきっかけは?

「韓国企業の中国ビジネスも今や『消費市場に向けて制度化されたプロジェクト』時代に進むべきだ。プラットホームビジネスが核心だ。単純な商品生産・販売から脱却してブランドを全て集められるプラットホームを構築し、中国の消費者にアプローチしなければならない時になった。高級ショッピングモールを作って中国の消費者に韓国文化を売るつもりだ」

--どんなプロジェクトなのか?

「広東の最大不動産開発企業である広州富力地産グループが今年8月、高級ショッピングセンター(ICON)を1つオープンするが、何か特別なコンセプトで作ろうとしていた。あれこれ調べてみた彼らの結論がまさに『韓流』コンテンツだった。全2棟17階フロアのうち私たちはA棟の地下2階から地上6階まで、B棟の1~2階と5階を管理し、面積は韓国の坪数で1万坪になる。ショッピングモールプロジェクトをやりたい私の考えと彼らの意図がかみ合って事業を一緒にすることになり、その出発点が富力・海珠城(ICONスタイル韓)を誕生させ、私が20年の一括契約を締結した。一日平均28万人の流動人口が事業の土台だ」

--今年8月なら時間があまり残っていないはずだが…。

「すでに『ポロロ・テーマパーク』のオープンが確定し、化粧品ブランドのイニスフリーとネイチャーリパブリックがローンチを控えている。韓国SPA型マルチショップ、ストリートファッション、新進デザイナーらのホットなブランドが韓国の食文化と交わることになる。物流(通関)、売り場管理までノンストップの運営システムを構築した。韓国と広州に直通の商品流通ラインを作ったと考えれば良い。一日28万人の流動人口が競争力だ。また、グローバルブランドであるスターバックス、バーガーキング、アイマックス映画館など多数の国際ブランドが韓流ブランドと調和を作り出すことになる。内需市場がグローバル化された中国での初めての運営管理システムプラットホームを備えた最も大規模な韓国ショッピングモールになるだろう」
「中国市場は広くて機会多く…韓国の若者が挑戦する価値ある」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP