주요 기사 바로가기

新記録に笑うアップルvs新記録に泣くサムスン電子(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.26 09:18
0
HMC投資証券も第3四半期の営業利益推定値をこれまでより8.7%少ない6兆9000億ウォンに、韓国投資証券はこれまでより5000億ウォン低い7兆300億ウォンと営業利益見通しを出した。東部証券も第3四半期の営業利益見通しをこれまでより18.5%引き下げた。これと違いアップルの業績に対する海外の専門家の反応は好意的だ。モルガンスタンレーは「(アップルの新製品iPhone6に対して)焦りを出す必要はない」と明らかにした。こうした雰囲気のおかげで米証券市場ではアップルの第3四半期売り上げが1年前の374億ドルより22億ドル増え396億ドルに達すると予想している。

このため韓国の証券市場ではサムスン電子株価の下落が長引くという見通しまで相次いで登場している。ト研究員は、「今年は業績が良くないと予想されサムスン電子の株価が反騰する可能性は大きくないものとみられる」と話した。

東部証券のユ・ウィヒョン研究員も、「サムスン電子の場合、スマートフォン部門の収益性改善を期待しにくい上、現在ではスマートフォンの不振を挽回する新たな収益源も見当たらない。サムスン電子が厳しい時期を過ぎて行きつつある」と話した。

しかし反論もある。サムスン電子はとても悲観的に見ているがアップルのiPhone6に対しては楽観論に過度に傾いているという指摘だ。

大信証券のキム・ヨンイル研究員は、サムスン電子の株価が9月になれば反騰する可能性があると予想した。キム研究員は、「新製品発売を控えたアップルに対しては期待感が広がっているのに対し、当分新製品を出す計画がないサムスン電子は否定的な面ばかり強調される傾向がある。9月にアップルの新製品が発売されればむしろサムスン電子の株価がアップルと同じ方向に動く可能性がある」と予想した。

彼はまた、「2011年以降サムスン電子の株式時価総額がアップルの25%以下に落ちたことはない。現在29.7%なのでサムスン電子の株価も相対的に魅力的な価格に接近している」と話した。

サムスン証券のファン・ミンソン研究員は、「サムスン電子の業績発表とともに期待された配当拡大への期待感が失望につながり株価を引き下げたが、配当を増やせという政府政策に逆行する可能性は小さいだけに株価の触媒となる株主還元規模が12月以内に増える可能性は大きい」と話した。


新記録に笑うアップルvs新記録に泣くサムスン電子(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP