주요 기사 바로가기

NYTが苦言…「不安な“先頭”サムスン、まねるのはやめてトレンドセッターになれ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.17 10:01
0
「サムスン、もう他人をまねるのではなくトレンドを作る企業になれ」

ニューヨークタイムズ(NYT)が15日、「サムスン、不安な先頭」という特集記事を通じてした苦言だ。昨年サムスングループの売り上げは1900億ドルでマイクロソフト、グーグル、アマゾン、フェイスブックの売り上げをすべて合わせたより多かった。世界で売れたスマートフォンの40%はサムスン製品だった。サムスンはこれまで垂直系列化を通じて研究開発、製造、マーケティングを内部で行ってきた。これを通じ迅速な意志決定と効率的な資源と人材の投入で進出した事業ごとに世界1位に上がった。しかしサムスンはいつも他の企業が切り開いた事業に参入しこれに短期間で追いつく「ファーストフォロワー」(新しい製品や技術を早く追いかけて行く企業)にとどまった。アップルが開いたスマートフォンとタブレットPC事業で1位に上がったのが代表的だ。

『サムスンとソニー』の著者であるシンガポール国立大学のチャン・セジン教授は、「過去のサムスンは常にだれかについて行きさえすれば良かったため独自の戦略を立てる必要がなかった。しかしいまは頂上でどこへ行くべきかを探さなければならない立場に立ったことがサムスンとしては不慣れに感じられる」と指摘した。サムスンがスマートウォッチの「ギャラクシーギア」を世界で初めて発売したのもこうした努力の一環だ。アップルも「iWatch」を登録したがまだ製品を出していない。

しかし「ギャラクシーギア」に対する市場の評価はそれほど好意的ではない。サムスンが曲面スクリーンを装着したテレビを出したのもトレンドセッターの地位を求めるための努力の延長線だが、一部ではサムスンが「技術のための技術」に執着するという指摘も出ている。グーグルに対する過度な依存もサムスンが解決すべき宿題だ。サムスンの携帯電話の大部分はグーグルの基本ソフト(OS)であるアンドロイドで駆動する。市場調査機関のIDCによると第3四半期に世界市場で売れた携帯電話端末の81%がアンドロイドフォンだ。アップルのiOSは12.9%、ウィンドウズは2.6%にとどまった。

フィンランドのアナリストのホレス・デディウ氏は、「サムスンはアンドロイドのおかげでグーグルの全利益よりより多くの金を儲けた」と話した。ところがアンドロイドに対する依存度が高まるほどサムスンの位置づけは狭くなるほかない。OSとハードウェアをすべて独自に確保しているアップルとは対照的だ。

サムスンもこうした問題を克服するためシリコンバレーに対する投資を増やしている。サムスンが2月に韓国とカリフォルニア、ニューヨークなどに「オープンイノベーションセンター」を設立したのもシリコンバレーの文化が必要だという李健熙(イ・ゴンヒ)会長の判断に従ったものだ。このセンターの任務は投資から始めながら結局合併するベンチャー企業を物色することだ。7月にセットトップボックス製造会社のボクシーを買収したのもその延長線だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP