주요 기사 바로가기

サムスンに背を向けアップルと組んだ現代自動車…その理由は?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.22 11:26
0
「スマートカー」を基点に自動車市場の構図が変わっている。ITと自動車が結合した未来型スマートカー市場をめぐり世界の自動車メーカーからIT企業まで主導権争いが激しくなっている。だが、韓国を代表するIT企業のサムスン・LGは韓国の自動車メーカーである現代(ヒョンデ)自動車とも連合戦線を構築できず、世界のスマートカー競争で一歩後れを取っている格好だ。これら企業が後れを取った理由は先進国企業との「ソフトウェア技術格差」のためだ。

特にソフトウェア技術で先を行くグーグルやアップルは、トヨタ、ゼネラルモーターズ(GM)、フォード、日産などグローバル自動車メーカーと競争的に技術提携をしている。グーグルがトヨタを引き入れると、これに負けじとアップルはBMWやメルセデスベンツを自分たちの陣営に引き込んで対抗する様相だ。他のトップクラスの自動車メーカーもスマートカー関連の基本技術確保のためグローバルIT企業との技術提携を積極的に推進している。

世界5位の自動車メーカーである現代自動車にもこうした流れは例外ではない。まず現代自動車は3月にアップルと技術提携しスマートカーの前段階である「コネクテッドカー」(他の機器と通信で連結された車)を発売することにした。

来月1日に車両用ソフトウェアのアップル「カープレイ」を装備して米国市場で発売する新型「LFソナタ」がその最初の作品だ。カープレイはiPhoneを通じて電話通話からショートメッセージの送受信、地図検索、音楽鑑賞のほか、音声認識サービスの「Siri」に至るまで、車内のマルチメディアシステムを通じて運転中にも使えるようにするサービスだ。現代自動車だけでなくメルセデスベンツ、フェラーリ、ボルボなどもカープレイを導入した車両を続々と発表する予定だ。

これだけでなく現代自動車はグーグルの基本ソフト(OS)で走る自動車も開発している。グーグルが1月に現代自動車、ホンダ、アウディ、GMのグローバル自動車メーカー4社と共同で「開かれた自動車連合」(OAA)を結成したためだ。OAAはアンドロイドOSをベースに人の音声だけで電子メールと地図情報などを確認できる自動車用ITサービスを年末までに開発する計画だ。現代自動車は「ジェネシス」2015年型モデルにアンドロイド基盤の自動車用ソフトウェア「GPM」(Google Projected Mode)を搭載することにした。

このように未来スマートカー市場を先取りするための世界の自動車メーカーとモバイルOS企業間の合従連衡は今後も活発に展開する見通しだ。市場調査会社のストラテジーアナリティクスの調査結果によると、スマートカーの市場規模は今年の2180億ドル規模から3年後の2017年には2740億ドルまで成長する見通しだ。自動車の性格が単純な「運送手段」から、あらゆるソフトウェア技術が縮約された「電子機器」へと変わることになる。
サムスンに背を向けアップルと組んだ現代自動車…その理由は?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンに背を向けアップルと組んだ現代自動車…その理由は?(1)

    2014.05.22 11:26
    뉴스 메뉴 보기
    現代自動車が来月から米国市場で販売する新型「ソナタ」の内部。車両用ソフトウェア「アップル・カープレイ」が装備され、電話通話、ショートメッセージ送受信、地図検索、音楽鑑賞だけでなく音声認識サービスの「Siri」も運転中に使える。(写真=アップル)
    TOP