주요 기사 바로가기

<女子サッカー>アジアカップ出場の“性別疑惑”韓国選手、相手チームが揺さぶりに悪用も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.16 15:15
0
韓国女子プロサッカーWKリーグの看板FWパク・ウンソン(28、ソウル市庁)が韓国代表チームにカムバックする。2010年にアジアカップ向けの招集練習に参加して以来4年ぶりだ。女子代表チームの競技力向上に対する期待と同時に、パク・ウンソンの性別疑惑がまた浮上するのではという懸念もある。

女子代表チームのユン・ドクヨ監督(53)は15日、ベトナムで開催される女子アジアカップに出場する最終メンバー23人を発表した。今大会は、来年カナダで開催される女子ワールドカップ(W杯)アジア地域予選を兼ねている。韓国代表は22日に坡州の代表チームトレーニングセンターに招集され、練習をした後、来月11日にベトナム入りする予定だ。

B組の韓国はミャンマー(5月15日)、タイ(17日)、中国(19日)と対戦する。8カ国が出場する今大会で5位以内に入れば、来年の女子ワールドカップ出場権を獲得する。

パク・ウンソンの合流は代表チームの得点力を高める好材料だ。昨季のWKリーグ得点王(19得点)のパク・ウンソンは今季も6試合で7得点している。恵まれた体格(180センチ、74キロ)を生かしたパワーとスピード、ゴール決定力は、専門家から「世界的な選手と比べても不足がない」という評価を受ける。弱点に指摘されてきた「単独プレー」も昨季から大きく改善されている。

パク・ウンソンの合流で、韓国は主砲の役割をしてきたチ・ソヨン(23、チェルシー・レディース)とともに最強のツートップを組むことになった。

キム・デギルKBSN解説委員は「競技力だけを見れば、パク・ウンソンは女子サッカーの世界的なスター、アビー・ワンバック(米国、34)、マルタ(ブラジル、27)にも負けていない」と話した。パク・チャンハKBSN解説委員は「パク・ウンソンとチ・ソヨンのツートップは幻想的だ。これまでチ・ソヨンが孤軍奮闘してきたが、パク・ウンソンが一緒にプレーすれば、1失点しても2得点して勝てる攻撃戦力を備えることになる」と語った。

変数は競技以外のところにある。昨年パク・ウンソンをめぐりWKリーグで見られた“性別疑惑”問題を、アジアカップの相手チームが悪用する可能性がある。昨年10月、WKリーグのチームのうちソウル市庁を除いた6球団の監督が「パク・ウンソンは本当に女性か疑わしい。性別診断を実施し、その結果を公開しなければ、2014シーズンをボイコットする」と決議した事実が明らかになり、問題が膨らんだ。その後、国家人権委員会がWKリーグ監督の決議事項に対し「セクハラに該当する不当な要求」と判定し、この過程はBBC、CNNなど海外メディアにそのまま報道された。

アジアカップ期間中に韓国に敗れたチームが意図的にパク・ウンソンの性別疑惑を持ち出す場合、選手自身はもちろん、韓国チームの雰囲気に悪影響を及ぼす恐れがある。実際、過去にもこうした事例があった。2010年に中国で開催されたアジアカップを控え、当時のサンルイファ中国監督が「パク・ウンソンがアジアカップに出場すれば、アジアサッカー連盟(AFC)にセックスチェックを要請する」と述べた。。サンルイファ監督は女子アジアカップ大会の規定で「女子選手の性別検査は必須でないが、性別に疑いがある選手はAFCが追加調査ができる」という条項を提起した。

当時、韓国選手団は「パク・ウンソンは2003年米国女子ワールドカップ(W杯)出場経歴がある選手。セックスチェック要求は不当だ」と強く抗議したが、選手団の雰囲気を考慮し、結局パク・ウンソンを代表チームから外した。

サッカー協会は“性別疑惑”の再発を防ぐために対策を準備している。サッカー協会のある関係者は「国際サッカー連盟(FIFA)性別確認規定によると、セックスチェックを要請するためには必要性を立証できる明確な証拠がなければならない」とし「証拠なく疑惑を提起する場合、断固対処する。もし検査が必要な状況になれば、定められた手続きに基づいて堂々と応じる」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <女子サッカー>アジアカップ出場の“性別疑惑”韓国選手、相手チームが揺さぶりに悪用も

    2014.04.16 15:15
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ウンソン
    TOP