주요 기사 바로가기

男子のような韓国女子サッカー選手、再び「性別論争」に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.11.06 16:44
0
女子サッカー選手パク・ウンソン(27、ソウル市庁)がまた性別論争に巻き込まれた。

最近、ソウル市庁を除く6チームの監督は非公開の懇談会を持ちパク・ウンソンの性別論争を提起して、パク・ウンソンをWKリーグ試合に出場できないようにしようとの意見を集めていたことが分かった。特に一部のチームはパク・ウンソンが試合にずっと出場する場合、リーグ自体をボイコットするという意思を明らかにして波紋は一層大きくなると予想されている。

これら6チームは6日、ソウル新門路(シンムンロ)のサッカー会館で開かれるWKリーグ団長会議でこうした内容の書面決議をすると発表された。これに対しパク・ウンソンは6日、自身のフェイスブックに心境を残した。彼女は「今の状況はとても頭が痛い」として「性別チェックは1、2度受けたのではない。ワールドカップやオリンピックの時も受けて試合に出場した。その時はまだ若くて羞恥心を感じていた。今は話すこともできない」と吐露した。さらに「以前と同じだったらののしって『しなければいい』となっただろうが、何とかして作った自分自身、どれほど努力して得たことか、これ以上あきらめない」と付け加えた。それと共に家族の話をとり上げた。パク・ウンソンは「天国にいる父と、このニュースを聞いた母や兄、姉は血の涙を流している」として「私がもっと努力して、あなたたち(6チームの監督)の気分を悪くしてあげるからしっかり見ていて。ここで崩れない」と覚悟を伝えた。

パク・ウンソンは「女子サッカーの朴主永(パク・ジュヨン、28、アーセナル)」と呼ばれた。1993年の米国ワールドカップに16歳で代表チームに抜擢されて世界舞台にデビューした。以後、2004年アテネオリンピックや2005年東アジアサッカー選手権など大きな世界大会に姿を見せた。2004年の青少年サッカー大会では米国やスペイン、ロシアなど強豪と同じ組に編成されたが、単独で8ゴールを決めて得点王になった。

青少年の時に光を見たが成人になって以降は浮き沈みを体験した。特に高等学校を終えてすぐに実業団に入って議論になった。女子サッカー連盟は「高等学校を卒業する選手は大学に入学して2年間試合に出なければならない」という選手選抜規則(3条3項)を破ったという理由でパク・ウンソンに3大会出場停止という重い懲戒処分を下した。このためパク・ウンソンは2005年をそっくり棒に振った。

2010年には中国代表チーム監督がアジアンカップを控えてパク・ウンソンの性別検査を要請した。このためパク・ウンソンはチームに復帰したが練習から離脱したこともあった。そして不遇な家庭事情まで重なった。父のパク・スングォンさんが骨ずいがんで亡くなったのだ。父の手術費はそのまま借金として残った。パク・ウンソンの家族はコンテナボックスを改造して作った家に住んでいた。これに対しパク・ウンソンは昨年、ソウル市庁に復帰して再びサッカーを始めた。そして今年WKリーグで19得点をマークして得点王になり、万年下位圏だった所属チームのソウル市庁を準優勝まで引き上げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    男子のような韓国女子サッカー選手、再び「性別論争」に

    2013.11.06 16:44
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ウンソン(27、ソウル市庁)
    TOP