주요 기사 바로가기

【現場で】「本当に女?」疑惑提起…選手をつぶす女子サッカー指導者

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.11.07 13:33
0
女子サッカー選手のパク・ウンソン(27、ソウル市庁)は苦労して咲いた花だ。しかし指導者たちが彼女をつぶそうとしている。パク・ウンソンが卓越しているからだ。師といえる指導者が弟子の性別疑惑を提起するのが韓国女子サッカーの自画像だ。

女子サッカーWKリーグ6球団の監督は1日、韓国女子プロサッカー連盟にパク・ウンソンの性別に対する有権解釈を要請し、この結果に基づいてパク・ウンソンの来年のリーグ出場を決めてほしいという決議文を送った。

今季パク・ウンソンは26試合で25得点・2アシストをマークした。晩年下位圏だったソウル市庁はパク・ウンソンの活躍で国体優勝、WKリーグ準優勝を果たした。パク・ウンソンの韓国代表抜てきの話も出てきた。

しかし指導者たちがパク・ウンソンを攻撃した。これは“男性のように強い”パク・ウンソンのために自分が率いるチームが好成績を出せなかったという弁解と変わらない。自分の無能さを隠すために選手の人権を侵害した。

2010年、サッカー中国代表の監督は大会を控え、「パク・ウンソンがアジアンカップ大会に出れば性別検査を申請する」と主張した。大韓サッカー協会は厳重に抗議するどころか、パク・ウンソンを代表チームから除いた。韓国の指導者が3年前の中国代表監督と同じことをしたのだ。6球団の監督は代表チームを取り上げて問題視した。イ・ソンギュン水原FMC(施設管理公団)監督は「パク・ウンソンがWKリーグでの活躍を契機に国家代表になれば歓迎する。しかし世界的なレベルに達しているパク・ウンソンが国際競技でプレーできないのはおかしい。これについて釈明が必要だ」と主張した。

今年、韓国女子代表チームを指揮したユン・ドクヨ監督はパク・ウンソンの代表チーム抜てきを考慮したという。ただ、3年前に執行部があいまいに伏せてしまったため慎重になったというのが、大韓サッカー協会と女子サッカー連盟の説明だ。オ・ギュサン女子サッカー連盟会長は「FIFA(国際サッカー連盟)に関連規定に関する解釈を要請した。ソウル市庁にもパク・ウンソンの性別検査をまた依頼した」とし「(結果に基づき)選手が傷つかず静かに通り過ぎたが、公論化されて選手が傷つくことになった」と監督らを批判した。

IOC(国際オリンピック委員会)は2012年ロンドン五輪に先立ち、「女性のアンドロゲン過剰症(Female Hyperandrogenism)」に関する規定を設けた。男性ホルモンのテストステロン数値が基準値を超えても運動能力向上に大きな影響がなければ大会出場が可能だ。IOCは性別判読の基準について「男性の範囲に入るかどうか」と説明しただけで、正確なホルモン基準値は公開しなかった。2011年に作られたFIFAの性別判読(Gender Verification)規定もこれとほとんど変わらない。女子サッカー連盟の関係者は「パク・ウンソンの出場に無理はないはず」と展望した。

パク・ウンソンは6日、SNS(ソーシャルネットワークサービス)で怒りを表した。パク・ウンソンは「私を知らない人たちではない。笑いながらあいさつをし、激励してくださった方たちが、このように私をつぶそうとすることに胸が痛む」とし「性別検査は受けたのは1、2回でない。幼い年齢で羞恥心をたくさん感じた。いま私ができることは何もない」とコメントした。

パク・ウンソンの傷に指導者たちがまた触れた。もう一度性別検査をし、女性という判定を受ければ、指導者たちは弟子に何というのだろうか。

キム・ミンギュ文化スポーツ部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【現場で】「本当に女?」疑惑提起…選手をつぶす女子サッカー指導者

    2013.11.07 13:33
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ウンソン
    TOP