주요 기사 바로가기

<平昌五輪に向けて>4年後の出場狙う韓国アイスホッケーの“特別プロジェクト”(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.24 14:32
0
夏季オリンピックの華がマラソンならば、冬季オリンピックでは断然アイスホッケーだ。韓国はソチオリンピックに男女とも出場できなかった。地元で開かれるオリンピックに出場権を得るのは韓国アイスホッケーの至上課題だ。オリンピック出場国は12カ国。韓国の男子アイスホッケーの現在のランキングは23位だ。

アイスホッケー界は通常とは違う方法で平昌(ピョンチャン)オリンピック出場を狙っている。いわゆる「フィンランドプロジェクト」だ。冬なら午前9時にそろそろと夜が明けて、午後4時になると暗くなるフィンランドのヘルシンキ近郊のワンタ。韓国のアイスホッケー有望株5人が昨夏からここで技量を磨いている。シン・サンフン(21)、アン・ジョンヒョン(21)、キム・ウォンジュン(23)、キム・ジミン(22)、アン・ジンフィ(23)の5人が夢を育てている主人公だ。フィンランドはソチオリンピック3、4位決定戦で米国に5-0で完勝して銅メダルをとったアイスホッケー強国だ。韓国選手にはなかなか望みにくいビッグリーグだ。昨年、大韓アイスホッケー協会長に就任したチョン・モンウォン漢拏(ハルラ)建設会長(59)は、フィンランド2部リーグのキエコワンタの持ち株53%を確保して運営権を買収した。フィンランドをベースキャンプとして韓国の有望株を育てるための格別の措置であった。

シン・サンフンはサッカーの孫興民(ソン・フンミン、22、レバークーゼン)に次ぐ国内最高の有望株だ。延世(ヨンセ)大学1年だった昨年、国家代表に抜擢された。韓国にいれば数年後には億ウォン台の年俸を受けて実業団に行くことができた。フィンランドを踏み台にしてより大きな舞台に進出するというのが彼の夢だ。

アン・ジョンヒョンはカナダ市民権者だ。代表選手になるために国籍回復申請をした。兵役義務も履行すると覚悟を見せた。キム・ジミンもカナダ永住権者だが市民権取得を放棄した。キム・ウォンジュンは中学校の時にフィンランドに渡っていきアイスホッケー早期留学をして2010年に帰国した。フィンランド1部リーグ進出という目標を成し遂げるために今回再挑戦した。高麗(コリョ)大学の主将だったアン・ジンフィは昨年夏に世界ランキング2位の大陸間ホッケーリーグ(KHL)新生チーム、ウラジオストク・アドミラルから招請状を受けた。しかし同僚と息を合わせようとフィンランド行きの飛行機に乗った。
<平昌五輪に向けて>4年後の出場狙う韓国アイスホッケーの“特別プロジェクト”(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <平昌五輪に向けて>4年後の出場狙う韓国アイスホッケーの“特別プロジェクト”(1)

    2014.02.24 14:32
    뉴스 메뉴 보기
    フィンランドに渡ったコリアン5人。左からキム・ジミン、アン・ジョンヒョン、キム・ウォンジュン、アン・ジンフィ、シン・サンフン。(写真=大韓アイスホッケー協会)
    TOP