주요 기사 바로가기

【コラム】2018平昌、世界初の親環境オリンピックに(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.21 12:28
0
ロシアのソチで冬季オリンピックが真っ最中だ。2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックまでもう4年しか残っていないという意味だ。オリンピックを準備する韓国が注視すべきは2020年東京夏季オリンピックを招致した日本だ。日本の安倍晋三首相は、親環境オリンピックを開くと宣言した。オリンピック競技場や関連施設の照明と諸般施設の稼動を全て太陽光や風力発電によるエネルギーでカバーするだけでなく、排出された二酸化炭素はグリーン電力証書やグリーン熱証書などの活用で相殺すると発表した。オリンピックに必要な交通手段ンもハイブリッドカーや電気自動車(EV)、燃料電池自動車で運行することとも明らかにした。

オリンピックの開催理念と原則を制定した「オリンピック憲章」には、1994年に「環境配慮」と「持続可能な開発の促進」という新しい条項が追加された。これに伴いオリンピックの理念は「スポーツ」「文化」「環境」の3つが土台になった。これに伴い日本は2020年東京オリンピックを、スポーツ競技をこえて環境強国のイメージを世界に知らせて国力伸張の転換点にしようとしている。

2010年バンクーバー冬季オリンピックは、オリンピック史上初めて低炭素・親環境をテーマとした。参加選手・役員が全5500人で2002年の米国ソルトレーク大会のほぼ2倍に達した。冬季オリンピックも夏季オリンピックに劣らず規模が大型化しているのだ。バンクーバーオリンピックも環境優先オリンピックを宣言したが、全体の温室ガス排出量の調節と炭素相殺プログラムを大会準備の初期段階から実行できず、大会9カ月前からに稼動したために所期の成果を上げられなかった。
【コラム】2018平昌、世界初の親環境オリンピックに(2)

【特集】ソチ冬季オリンピック2014


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP