주요 기사 바로가기

【噴水台】崇礼門が哀願する、二度と小さな火種を大きな火魔にするなと(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.06 15:57
0
もう一つは大型火災の教訓だ。思い出してみよう。2008年2月のその日、崇礼門を倒壊させたのは小さな火種だった。その火種がなぜ大きな火魔になったのか。責任の失踪、右往左往のためだった。消防車は水をかけるだけだった。屋根をはがして入れば火を消すこともできたが、そうしなかった。文化財の破損責任を問われたくないからだ。李憲宰(イ・ホンジェ)元経済副総理はこれを政府政策にも例えた。

「(崇礼門のように)大火災が発生すれば火から消さなければいけない。この時、多くの水をかけたり、花壇を踏むこともある。ところが火を消し終えれば、水をたくさん使った、花壇を踏んだなどと罪を問われる。これが反復されれば、火を消すことより、花壇を踏まないこと、水を少なく使うことばかり気にする。いわゆる免避第一主義だ。経済政策も同じだ」。

朴槿恵(パク・クネ)政権は創造経済、創業国家を話す。そこに必要なのが敗者復活戦だ。そのためには失敗が無事と安逸よりも待遇を受ける世の中にならなければならない。うつ伏せになったまま目をきょろきょろさせて自分の利益だけを守ることが知恵であり、良い処世術と認められる今の風土が消えない限り、創業国家ははるかに遠いということだ。5月の日差しを受けて崇礼門が尋ねているようだ。2つの古い宿題、解決する準備はできているのかと。

イ・ジョンジェ論説委員・経済研究所研究委員
【噴水台】崇礼門が哀願する、二度と小さな火種を大きな火魔にするなと(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP