주요 기사 바로가기

<サッカー>朴智星「香川はアジアのレベルを証明した選手」

ⓒ 中央日報日本語版2012.05.17 18:00
0
2011-2012イングランドプレミアリーグ(EPL)の日程を終えて17日に帰国した朴智星(パク・チソン、31)が、最近マンチェスター・ユナイテッドからラブコールを受けている香川真司の技術を高く評価した。

以下は韓国・仁川(インチョン)空港で行われた朴智星の記者会見内容の要約。

--シーズンを振り返ってほしい。

「残念なシーズンだった。 チームの成績も個人もよくなかった。 残念だが、過ぎたことはどうしようもない。 今後が重要だ」

--オフシーズンの日程は。

「チャリティーサッカー、JSカップ、奨学金伝達式などがある。 自分の未来のための投資だと考えている」

--来季の計画は。

「次のシーズンは考える暇がない。 今季がどうだったかを考えないように努力する。 精神的にも肉体的にも休まなければいけない」

--マンUで引退するのかどうか、サッカーファンが注目している。

「マンUで引退をしたいという気持ちに変わりはない。 しかし自分が望んでもかなうことではなく、状況が合ってこそ可能なことだ」

--香川真司選手のマンU入団説が出ているが。

「その選手のプレーはアジアカップで初めて見た。 アーセナルとのチャンピオンズリーグを見た。 独ブンデスリーガでプレーする場面は見たことがない。 技術が高い選手で、チームの力になる選手だと思う。 アジアサッカーのレベルを見せることができる選手だ」

--朴主永(パク・ジュヨン)が代表チームのエントリーから除かれたが。

「選手本人が判断する問題だ。 代表チームが重要な選手を失うのは残念なことだ。 しかし(監督の決定も)やむを得ない選択だ。 問題を解決するのも選手本人しだいだ」

--エニーニョの帰化問題が韓国サッカーの話題になっている。

「帰化選手も十分に国家代表チームのメンバーとしてプレーできると考えている。 国家代表になるというのはサッカー選手の頂点に立つということだ。 国民を代表するという象徴的な意味があるだけに、国民が望む選手が選抜されなければならない。 国民の情緒が重要だ」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴智星「香川はアジアのレベルを証明した選手」

    2012.05.17 18:00
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星(パク・チソン、31)。
    TOP