주요 기사 바로가기

<サッカー>マンCが笑った日…韓国選手たちは泣いた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.14 08:54
0
韓国人プレミアリーガーにとって、14日(日本時間)に行われたイングランドプレミアリーグ(EPL)最終戦は最悪の結果に終わった。

朴智星(パク・チソン、31、マンU)、李青竜(イ・チョンヨン、24、ボルトン)、池東源(チ・ドンウォン、21、サンダーランド)、朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)ともに泣いた。

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)はほぼつかみかけていた優勝を逃し、ボルトンはチャンピオンシップ(2部リーグ)に降格した。朴智星と池東源、朴主永はともに欠場し、チーム内の位置づけが厳しくなった。

ボルトンはブリタニアスタジアムで終わったストークシティと2-2で引き分けた。ボルトンは勝ち点36(10勝22敗6分け)に終わり、19位のブラックバーン、20位のウォルバーハンプトンとともに2部リーグ降格が決まった。

この日、マンチェスターシティ(マンC)に2-3で敗れたクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)は勝ち点37で1部リーグに残留した。この日後半35分に交代投入された李青竜にとって最悪のシナリオだ。李青竜はチームとともに来季2部リーグで送る可能性が高い。李青竜は「チームが降格する場合、他のチームに移籍できる」という別途の契約を結んでいない。

マンUはサンダーランドに1-0で勝ったがプレミアリーグ通算20回目の優勝は逃した。マンUはこの日勝ったマンCと同じ勝ち点89(28勝5敗5分け)だが、得失点(マンU+56、マンC+64)で下回った。マンCは後半ロスタイムに2得点し、奇跡を起こした。マンCは1-2とリードされていた状況でジェコが同点ゴールを入れた後、試合終了間際にアグエロがに決勝ゴールを決め、大逆転ドラマを完成した。マンUの地域ライバルのマンCは44年ぶりの優勝。

◇マンU監督の前でゴールを決めた香川=ファーガソン監督は最終戦に先立ち、独ベルリンのオリンピックスタジアムを訪れ、ドルトムント-バイエルン・ミュンヘンのドイツ杯決勝戦を観戦した。ドルトムントの香川真司(23)を見るためだ。ファーガソン監督は攻撃力の強化のために香川の獲得を考慮しているという。

香川は今季17得点9アシストでドルトムントのリーグ優勝に貢献したのに続き、ドイツ杯決勝でも1得点1アシストでチームを勝利(5-2)に導いて、ドルトムント2冠の立役者になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>マンCが笑った日…韓国選手たちは泣いた

    2012.05.14 08:54
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星(パク・チソン、左)、李青竜(イ・チョンヨン、右)。
    TOP