주요 기사 바로가기

<サッカー>朴智星、 英メディアの“スコールズ愛”の犠牲に

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.05.02 16:30
0
‘酸素タンク’朴智星(パク・チソン、31、マンチェスター・ユナイテッド)の競技力は間違いなく期待以下だった。 試合を見た人なら誰もがそれを確認したはずだ。 そうだとしても、朴智星に向けた英メディアの批判は度が過ぎる。 マンチェスターダービーが終わった後にも英メディアは「朴智星非難」を続けている。 その裏には‘スコールズ愛’という英メディアの暗黙的な合意が隠れている。

朴智星は1日(以下、日本時間)行われたマンチェスターシティとの今季プレミアリーグ第36節に久しぶりに先発出場したが、精彩を欠いたプレーでファンに失望感を与えた。 英メディアは一斉に朴智星に最低評点を与え、「マンU敗北の主犯」とした。

状況は試合が終わった後も変わっていない。 日刊紙インディペンデントも「朴智星非難」に加わった。 2日の報道で、「朴智星、スコールズ、ギグスで構成された中盤がマンCを制圧できるレベルでないことはすでにマンUがよく知っていたはずだ。 朴智星はその試合でもっと早く交代されるべきだった」と声を高めた。

朴智星はファーガソン監督の勝負カードだったが、マンチェスターダービーの主演ではなかった。 当時、マンUの試合を率いる選手はスコールズだった。 朴智星がフリーロールを与えられたのも、プレー範囲が狭いスコールズの短所を補完するためのファーガソン監督の苦肉の策だった。 パワーとスピードを兼ね備えたマンシティのMFに対抗して、スコールズが自分の役割をしていれば、朴智星のように見えないところで支える選手が必要だった。

にもかかわらず朴智星一人が非難を浴びるのは、英国メディア独特の「スコールズ愛」にも理由があるという見方が多い。 英国は「サッカーレジェンド」を尊重する雰囲気がとりわけ強い国だ。 最高クラブのマンUのフランチャイズスターであるスコールズは、代表的なイングランドサッカーのレジェンドだ。 メディアもスコールズに対しては最大限に礼遇する。 良かった点は大きく称賛し、足りなかった点はできるだけ隠す。 先月の英国サッカー記者団による「最高の選手」投票で、スコールズが3位に入ったのも、こうした雰囲気を反映した結果だ。 記録上ではより優れた選手が多いにもかかわらず、英国の記者は「チームに復帰してマンUに活力を吹き込んだ」としてスコールズに投票した。

マンC戦の敗戦後の現地の雰囲気は、今後の朴智星の位置づけにも悪い影響を及ぼす可能性がある。 朴智星は昨年、マンUと再契約した際、契約書に「1シーズンの日程の40%以上を消化する場合、自動で契約を1年延長する」というオプションを含めたという。 しかし再契約がすべてではない。 試合に出るチャンスが減れば、結果的に存在感が薄れるしかない。 最近、マンUが日本人MF香川真司の獲得を推進中という報道が出ているのも、朴智星の変わった位置づけと無関係ではない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴智星、 英メディアの“スコールズ愛”の犠牲に

    2012.05.02 16:30
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星(パク・チソン、31、マンチェスター・ユナイテッド)。
    TOP