주요 기사 바로가기

<サッカー>朴智星、2014年まではマンU選手…李青竜は厳しい状況

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.15 08:57
0
イングランドプロサッカーのマンチェスター・ユナイテッドは今季、無冠に終わった。05年に朴智星(パク・チソン、31)が入団して以来、優勝カップを握れなかったのは初めてだ。マンUは大々的なチーム改編に入る見込みだ。特に同じ地域のライバル、マンチェスター・シティが44年ぶりに優勝し、プライドも傷ついた。

マンUのファーガソン監督はリーグ最終戦を終えた後のインタビューで、「来シーズンは優勝カップを取り戻す。マンCにこのことを必ず伝えてほしい」と雪辱を誓った。改編の信号弾と考えられる。実際、ファーガソン監督は最終戦を控えてベルリンを訪れ、ドルトムントの香川真司(23)を視察した。

来季が終わるまで朴智星は安全だ。「朴智星がマンUの生死簿に載った」という話は事実無根だ。昨年8月にマンUと再契約した当時、「1シーズンにマンUが行う試合の40%以上、出場選手エントリーに含まれる場合、別途の交渉なく契約期間を1年ずつ増やす」という条項に合意した。

今季28試合に出場した朴智星は出場試合の数でもこの基準を満たす。これに伴い契約期間は2014年6月まで自動延長となった。朴智星はトレード拒否権も持つ。朴智星の父パク・ソンジョンさんも「智星はチームを離れる考えがない。今もマンUで選手生活を終えることを望んでいる」と伝えた。

一方、李青竜(イ・チョンヨン、24、ボルトン)は厳しい状況だ。李青竜は14日(日本時間)に終わったストーク・シティとの最終戦に2-2の後半35分、交代投入された。ボルトンは降格を避けるために勝利が必要だったが、試合は引き分けに終わり、2部リーグ降格が決まった。李青竜は「降格する場合は移籍できる」という条件を契約に含めていない。ボルトンが李青竜を売らない限り2部リーグでプレーしなければならない。

ボルトンはチーム内の最高年俸者である李青竜(約30億ウォン)を他の球団に送り出すこともできる。しかし金額が問題だ。ボルトンのコイル監督は「李青竜の価値は1000万ポンド(約13億円)まで上がる選手だ」と評価した。しかし李青竜は脚の骨折で10カ月以上休んだ。適正価格でトレードされるのも容易ではない状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴智星、2014年まではマンU選手…李青竜は厳しい状況

    2012.05.15 08:57
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星(パク・チソン、31、マンチェスター・ユナイテッド、左)と李青竜(イ・チョンヨン、24、ボルトン)。
    TOP