주요 기사 바로가기

<サッカー>香川は大活躍、朴智星は…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.24 08:39
0
韓国と日本を代表する2人のミッドフィルダーの明暗が分かれている。日本代表チームの主軸、香川真司(23)はドルトムントの独ブンデスリーガ2連覇に貢献し、最優秀選手(MVP)候補に挙がっている。一方、朴智星(パク・チソン、31、マンチェスター・ユナイテッド)はベンチに座ったままだ。

香川は22日(日本時間)に行われたブンデスリーガ第32節のボルシアMG戦で、チームの2点目となるゴールを決めて勝利(2-0)に寄与した。勝ち点75のドルトムントは2位のバイエルン・ミュンヘン(勝ち点67)に7点差をつけ、残り2試合の結果に関係なく優勝を決めた。

ドイツ日刊紙ビルトは、ボルシア戦の後、「香川がドルトムントの2連覇に大きな力になった」と評価した。日本メディアは香川のMVP受賞の可能性に言及している。日本のサンケイスポーツは23日、「香川が日本人で初めて4大リーグでMVPを獲得することが有力視される」と伝えた。

香川は今シーズン29試合に出場し、13得点、6アシストをマークした。チーム2位、リーグ全体で9位の優れた成績だ。日本選手が欧州リーグでMVPを獲得したのは、06-07スコットランドリーグでセルティックの優勝に貢献した中村俊輔(34、現横浜)が唯一。

朴智星はグラウンドに出る機会さえ得られずにいる。朴智星は22日に行われたエバートンとのプレミアリーグ第35節では交代メンバーに含まれたが、試合に出ることはできなかった。リーグ7試合連続の欠場だ。

朴智星の位置のサイドにはアシュリー・ヤング(27)、アントニオ・バレンシア(27)、ルイス・ナニ(26)らがいる。中央で出場することもあったが、その位置には引退したポール・スコールズ(38)が戻り、空席がなくなった。

今後の展望も明るくない。マンUのファーガソン監督はシーズン後、有望選手を獲得して中盤をさらに補強する計画だ。来年6月までマンUと契約している朴智星の居場所はますます狭まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>香川は大活躍、朴智星は…

    2012.04.24 08:39
    뉴스 메뉴 보기
    朴智星(パク・チソン、31、マンチェスター・ユナイテッド、左)と香川真司(23、ドルトムント)。
    TOP