주요 기사 바로가기

日本の部品・素材3社、韓国に1兆ウォン投資

ⓒ 中央日報日本語版2012.05.16 17:24
0
日本電気硝子(NEG)など日本の部品・素材企業3社が、韓国内の工場新設などに1兆ウォン(約700億円)を投資すると、韓国メディアが報じた。

報道によると、知識経済部とKOTRA(大韓貿易投資振興公社)は15日、日本の帝国ホテル東京でNEG、三菱化学、東海カーボンの部品・素材企業3社と、総額8億7000万ドル(約1兆ウォン)投資申告および投資協力の了解覚書(MOU)を締結した、と明らかにした。

日本電気硝子(NEG)は京畿道にガラス液晶工場を設立するため、2億7000万ドルの投資申告および5億ドル規模の投資協定(MOU)を結んだ。 三菱化学は炭素素材の生産ライン構築のために7000万ドル、東海カーボンは黒鉛素材工場の設立に2700万ドルをそれぞれ投資する。

昨年3月の東日本大震災と原発事故の後、日本企業の対韓国投資は急増している。 今年1-3月期、日本の外国人直接投資(FDI)申告金額は前年同期比150.3%増の9億1900万ドルで、5期連続で増えている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP