주요 기사 바로가기

「韓国では米国車が見られない」 オバマ大統領が韓米FTA批准を繰り返し要求

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.01 11:33
0
先月29日午前11時38分(現地時間)、金色で装飾された米国ホワイトハウスのイーストルーム。オバマ大統領が入ってきて演壇に立った。オバマ大統領がホワイトハウスで正式記者会見を行ったのは3月以来3カ月ぶりだ。失業率の高止まり、期間が迫っても停滞状態にある与野党間の政府債務上限引き上げ交渉など経済懸案をめぐり、自ら国民に訴えたのだ。ホワイトハウス記者団との会見は前日午後遅くに準備された。韓国メディアでは中央日報だけが参加した。

この日、世界で最も強力なパワーを持つといわれるオバマ大統領が、カリスマではなく切実な表情で、国民と議会を説得する姿が見られた。「議会は今すぐ企業の活動を良くする法を作ることができる。雇用創出法案も今すぐ通過させられる。やることが私たちの前に山積しているということだ」。

オバマ大統領の冒頭発言9分と質疑応答の59分を合わせて「今すぐ(right now)」という言葉をなんと25回も出てきた。今すぐできることの中には韓国との自由貿易協定(FTA)締結もあった。オバマ大統領は「率直に言うと、貿易関係で韓国は米国よりもはるかに有利だ」とし「米国では多くの韓国車が見られるが、韓国では米国車が見られない不均衡を是正しようというのがFTA締結の理由の一つ」と説明した。

オバマ大統領は前日までバイデン副大統領とともに共和党指導部と債務上限引き上げ交渉を行った。オバマ大統領は共和党の協力を繰り返し求めた。「私にリーダーシップをもっと発揮しろというが、民主党は健康保険・教育・国防予算の削減など苦痛の決定を下す準備ができている」とし「共和党もバランスある視点を持ってほしい」と述べた。また「中産層以下は除いて、ヘッジファンド会社、製油会社、ジェット飛行機所有者から税金の減免をなくすという私の考えがなぜ急進的なのか」と声を高めた。

オバマ大統領は現在の状況を交通信号などに例え、「まだ赤信号ではないが、黄信号がついた状況」とし、「8月2日(債務上限締切日)まで交渉が妥結しなければ資本市場がどう作動するか分からない」と警告した。さらに「私の娘マリアとサーシャは普段、前もって宿題をする。徹夜をすることはない。2人はまだ13歳と10歳。議会もそれができるはず」と皮肉った。聞いていた記者の間で笑いが起きた。「交渉に進展がなければ、議会も7月4日の独立記念日休会もあきらめなければならない」とも話した。

共和党のベイナー下院議長はオバマ大統領の会見に関し「完全に誤った状況判断」と述べ、今後の交渉も難航することを予告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP