주요 기사 바로가기

「インフィニティがラグジュアリーカーなった秘訣」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.25 17:37
0
日産の高級ブランド「インフィニティ」は成功したラグジュアリーブランドに挙げられる。メルセデスベンツ・BMWなど従来の高級ブランドが掌握する市場に後発走者として参入し、差別化したラグジュアリーブランドとして定着した。

インフィニティの成功の裏には日産自動車常務執行役員チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏がいる。中村氏は日産とインフィニティの自動車デザインを総括し、顧客が車の購買を考慮する瞬間からアフターサービスまで「目に見えるすべてのもの」の責任を負う。

最近、訪韓した中村氏に会った。インフィニティはラグジュアリー自動車業界では後発走者だ。メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、キャデラックなど欧米のラグジュアリーブランドがすでに市場を占領している状況で参入した。

1980年代、日本の3大自動車企業は中低価格イメージから抜け出すために最高級自動車ブランドを別に運営する戦略を選択した。ホンダからアキュラ(86年)、トヨタからレクサス(89年)、日産からインフィニティ(89年)が順に米国市場で登場した。

--インフィニティはどのように誕生したのか。

「‘高性能ラグジュアリー車’を目標として89年に米国でスタートした。序盤は遅々として進まなかった。ブランド戦略が明確でなかったうえ、90年代の日産の財政悪化が重なったからだ。日産より高い価格、革シート程度でラグジュアリーになると勘違いしていたようだ。ラグジュアリーは価格ではないのだが」


「インフィニティがラグジュアリーカーなった秘訣」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「インフィニティがラグジュアリーカーなった秘訣」(1)

    2011.05.25 17:37
    뉴스 메뉴 보기
    日産自動車常務執行役員チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏。
    TOP