주요 기사 바로가기

体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.28 11:09
0
中国モーターショーには中国でしか味わえない妙味がある。世界の自動車を隅々まで真似て作った‘コピー車’がそれだ。19日に開幕した上海モーターショーでもコピー車の大胆さは続いた。毎回新しいものが追加されていく進化も見られた。

一時、韓国双竜(サンヨン)車の親会社だった上海自動車(SAIC)は今回のモーターショーで、双竜「カイロン」の前後を見ているような「栄威(Roewe)W5」というスポーツ用多目的車(SUV)を出した。双竜車は先月、インドのマヒンドラ・アンド・マヒンドラグループに買収された。

メルセデスベンツと合弁関係にある北京自動車(BAIC)はCクラスとEクラスを組立生産している。しかし今回のモーターショーには「BC302」という独自のモデルを出した。ベンツBクラスと室内まで似ているが、大きさは小さい。1.5L三菱エンジンを搭載している。5ドアハッチバックモデル「BC301」とワゴンモデルも出す予定だ。

バイクを製造していたジョンウェイ(Jonway)は2003年式トヨタ「RAV4」とそっくりな車体にインフィニティFXのラジエーターグリルを付けたような新車を展示した。

起亜(キア)「ソレント」(旧型)を描き写したような黄海自動車のクロスオーバー車(CUV)は今回、ピックアップモデルに進化した。双竜「アクティオン」に長い荷台を付けたアクティオンスポーツのように「ソレント」の後面部に長い荷台を付けた形だ。このため5人乗りに加えて500キロの荷物も積める長い空間が生じた。長さも6センチほど長くなった。

このほか、ボディーは「ホンダ」だが、顔は「ベントレー」、お尻は「ベンツ」のランプが付いたような‘チャンポン’コピー車に進化する姿も目立つ。
体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”(2)

【今日のイチオシ記事】
・体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”
・韓国の発電機、日本1万世帯に「友好の光」
・<フィギュア>キム・ヨナ-浅田真央、希望を演じるライバル
・【時論】バランスが取れた新しい歴史教科書を作ろう
・キム・ジャンフン「独島広告に抗議する日本の姿、気の毒」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP