주요 기사 바로가기

米国家情報長官「北朝鮮、世襲に役立つならいつでも追加挑発」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.02.11 13:57
0
クラッパー米国家情報長官が10日(現地時間)、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が金正恩(キム・ジョンウン)後継体制を固めるため、延坪島(ヨンピョンド)砲撃のような追加の挑発を試みる可能性がある、と警告した。

クラッパー長官はこうした内容を含む安保脅威報告書をこの日、議会に提出した。これによると、北朝鮮の延坪島砲撃には、金正恩の指導力と軍事的能力に対する信頼を、軍部をはじめとする北朝鮮政権内のエリートに植え付けるという意味がある、ということだ。したがって金正日はエリート集団の忠誠度と支持度が疑わしいと判断すれば、追加挑発の必要性を感じる可能性がある、とみている。

クラッパー長官は「しかし金委員長のこうした努力にもかかわらず、3代世襲過程のぜい弱性は相変わらずだ」とし「金正恩が権力を固める前に金正日が死亡すれば、北朝鮮の3代世襲の試みは失敗する可能性が大きい」と予想した。
【今日のイチオシ記事】
・「中国出身アイドルを追放しよう」意見に冷たい反応
・地下鉄で韓国人女性にセクハラをする白人の男、ネットで非難集中
・ロッテ、二男・辛東彬氏が会長に…2世経営が本格化
・「北朝鮮が長射程砲装填」…3月韓半島危機説も


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP