주요 기사 바로가기

米中首脳会談「北朝鮮の追加挑発中断で合意」

ⓒ 中央日報日本語版2011.01.20 09:52
0
オバマ米大統領と胡錦涛中国主席が19日にホワイトハウスで首脳会談を行い、北朝鮮の挑発中断を促すことと韓半島の非核化に合意した。

オバマ大統領は首脳会談後の共同記者会見で、「韓半島の緊張緩和に向けた中国の役割に感謝の言葉を胡主席に伝えた。両国首脳は北朝鮮が追加挑発を避けるべきだということに合意した」と説明した。

オバマ大統領は続いて、「北朝鮮の核と弾道ミサイル計画が米国と同盟国の安全に直接的な脅威になっているという点を胡主席に話した。両国は韓半島の非核化が最高の目標にならなければならないということで合意した」と述べた。

オバマ大統領は、「このような観点から北朝鮮のウラン濃縮計画は北朝鮮の義務を破る行為という点を国際社会は明確に示さなければならない」と付け加えた。

胡主席も「両国首脳が韓半島問題をはじめとした地域安保問題を議論した。韓半島の安定維持と非核化進展、北東アジアの恒久的平和と安全のために両国が協力することに合意した」と明らかにした。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】時代錯誤的な「韓米ミサイル指針」 必ず改めるべき
・KARA「日本の収益1~2%」、所属事務所「両親らの突出行動」
・「弾道ミサイル射程距離1000キロ以上に」…韓米が交渉開始
・中国、今度は海で…「ステルスミサイル高速艇」公開
・<アジア杯>1ゴールも決められなかった北朝鮮、8強ならず
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP