주요 기사 바로가기

米国務次官補「北朝鮮が挑発しないと約束すれば対話」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.12 08:54
0



米国務省は10日、北朝鮮が追加挑発をしないという公開的な約束をすることが6カ国協議など対話のための友好的環境を作る意味ある措置になると明らかにした。クローリー次官補(広報担当)はこの日の定例会見で、「われわれは対話に開かれた姿勢で、南北対話を推奨している。しかし対話をしようとするならば、その対話が生産的ということを明確にするために北朝鮮がすべき行動がある」と話した。

クローリー次官補は続いて、「何より北朝鮮が韓国を攻撃せず、韓国を威嚇する追加挑発をしないと公開的に約束するならば、それは対話環境を改善する意味ある措置になるだろう」と強調した。彼は「それは対話が生産的だという点を韓国が納得できるようにする、北朝鮮が取り得る多くの措置のうちのひとつだろう」と付け加えた。

クローリー次官補は、「われわれは昨年挑発的局面を体験し、今は(北朝鮮の)求愛局面(charm stage)にある」とし、「求愛局面では北朝鮮が持続的で建設的な対話をする準備ができているという実質的な姿をともに示さなければならない」と強調した。


【今日のイチオシ記事】
・チリで韓国車が日本車に勝ったのは「FTA先占効果」
・金正恩めぐる権力闘争の内幕を描いた漫画が登場
・中国、ゲーツ米国防相を呼び連日の“武力デモ”
・慶尚北道畜産研究所、口蹄疫発生を6日間隠す
・台湾で韓流ドラマの放映制限する法律推進
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国務次官補「北朝鮮が挑発しないと約束すれば対話」

    2011.01.12 08:54
    뉴스 메뉴 보기
    10日、北朝鮮に対して6カ国協議など対話のための環境づくりについて言及したクローリー次官補。
    TOP