주요 기사 바로가기

【社説】“じゃんけん”でメダル操作、ショートトラックだけか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.25 12:52
0
こんな方法で選手を育て、オリンピック(五輪)や世界選手権大会でいくら金メダルをたくさん獲得しても、何の価値があるのか。しかも1988、92年冬季五輪で連続優勝し、国民的英雄として脚光を浴びたコーチが犯行を主導し、別の五輪金メダリストと現役国家代表コーチまでが勝負操作に加わったと、警察は明らかにした。慨嘆だけでは済まされない深刻な事態だ。こんなことで韓国のスケート界がスポーツ精神、五輪精神などと言えるのか。似た犯罪・不正はスケート界だけではないはずだ。

コーチの圧力で特定選手が世界選手権大会の出場をあきらめるなど、談合と勝負操作の波紋でショートトラック界がどん底に落ちたのはわずか8カ月前だ。ソウル警察庁によると、今回の不正は入賞者に国家代表選抜戦出場資格と体育特技者としての大学入学の機会が開かれる高校部ショートトラック大会であった。高3選手のうち大学入試に必要な全国大会受賞経歴が不足した弟子を入賞させるために、低学年選手を棄権させ、じゃんけんでメダル順位をあらかじめ決め、実際に大会でもそのままの順位になった。保護者との間で不正なお金は行き来しなかったか、他のスポーツ種目はどうか、当然、徹底的に調べなければならない。

根本的に勝負操作は指導者・選手・保護者間の利害関係が絡むために生じる。韓国は自他が認めるショートトラック強国であり、ひとまず国家代表になれば世界大会メダルの獲得はもちろん、兵役免除・年金までも手に入る。特技者大学入試問題も絡んでいる。このため一部の選手・保護者が手段・方法を問わず、コーチも「実績」のために不正に加わるのだ。

スポーツ精神を高めようというような処方では薬効を期待するのは難しい。厳しい監督と処罰がなければならない。大韓体育会と監督官庁の文化体育観光部から正していく必要がある。今回のように国際大会入賞実績などで体育年金を受けた人が不法・不正をした場合は、年金をはく奪・縮小するのが適切だ。「禁固以上の刑が確定した場合」という現規定では足りない。大学入試・兵役免除・生涯年金など誰でも羨望する恩恵が犯罪・不正でも無事であれば、納得する国民はいないだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP