주요 기사 바로가기

<ショートトラック>「韓国選手のために…」 今度は中国で反韓感情

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.14 14:35
0
中国のショートトラック選手が競技中に韓国選手と接触して転倒する事故が発生し、中国ネットユーザーが反韓感情を表している。

12日に中国・上海で行われたショートトラックワールドカップ(W杯)男子500メートル準決勝で、中国の韓佳良が韓国のキム・ビョンジュンと接触して転倒し、腹部と腕に軽いけがを負った。この日の競技で2-3位を争ったキム・ビョンジュンと韓佳良は終盤のスパートで脚がぶつかった後、もつれて転倒し、韓佳良は腹部を抑えたまましばらく倒れていた。

これに関し、新京報など中国メディアは「韓佳良がスケートの刃で切り傷を負い、競技後、病院で治療を受けた。腹部、腕、手首を負傷した」と報じた。また「韓佳良は手首の筋を痛めたが、大きな問題はなく、選手生活に影響はない」と伝えた。

韓佳良が軽傷だったにもかかわらず、期待されていた韓佳良が決勝進出を逃したため、中国ネットユーザーは韓国選手のためだと主張している。中国人は「二人が争って倒れたが、韓国選手がスケートの刃を韓佳良にぶつけて負傷させ、競技に出場できないようにした」とし「韓国選手の悪意的な行為」と非難した。

別のネットユーザーは「韓国のこういう行為は初めてではない」とし「昨年も韓佳良とイ・ホソクがぶつかり、その前の年には周洋もチョン・ウンジュと同じようなことがあった」と指摘した。

しかし韓国ネットユーザーは「競技中には十分にありうること。一緒に転倒したという理由だけで韓国選手のせいにするのは無理がある」という反応だ。また「自国選手の不振を他国の選手のせいにするのはスポーツ精神に外れる」と批判した。

一方、この日の男子500メートル準決勝ではイ・ホソクが1位で決勝に進出、その後、ソン・シベクが優勝した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP