주요 기사 바로가기

ショートトラックW杯第4戦 韓国は金メダル8個

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.13 16:42
0
韓国ショートトラック代表チームが2010-2011シーズン国際スケート競技連盟(ISU)ショートトラックワールドカップ(W杯)第4戦で、2日間に大量に金メダルを獲得した。

韓国は12日、中国・上海で行われた大会3日目、男女1500メートル2次レース、男子500メートル、男子リレーなどで金メダルを獲得した。代表チームは苦手とする男子500メートル決勝で、ソン・シベク(竜仁市庁)が42秒246をマーク、ティボ・フォクネ(フランス、42秒327)を抜いて優勝し、前日の勢いを継続した。

女子1500メートル2次レース決勝では、チョ・ヘリ(高陽市庁)が2分32秒554で優勝し、パク・スンヒ(キョンソン高)が2分32秒607で後に続いた。

男子1500メートル2次レース決勝でもノ・ジンギュ(キョンギ高)が金メダルを獲得した。ノ・ジンギュは2分18秒506をマークし、高御堂雄三(日本、2分18秒825)を抜いた。代表チームは続いて行われた男子5000メートルリレーでもカナダを抑えて優勝した。

前日の男女1500メートル1次レース、1000メートルなど金メダル4個を獲得した韓国は、この日も金メダル4個を追加し、全10種目のうち8個の金メダルを獲得して大会を終えた。
【今日のイチオシ記事】
・台湾の反韓感情、三星電子に飛び火
・菅首相の「自衛隊派遣検討」発言、韓国は一蹴
・ソン・ヘギョ、全世界美女ランキング18位に…韓国人最初
・「米がほしい」金正日の要求、中国が拒否
・バングラデシュの韓国・ドイツ工場で暴力デモ…3人死亡


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP