주요 기사 바로가기

KTX・ソウル~釜山、来月から2時間18分で運行

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.07 13:06
0
東大邱(トンテグ)~釜山(プサン)間、高速列車(KTX)専用線建設工事が完了し、来月1日から運行を始める。これにより、KTXに乗ればソウルから釜山まで現在は2時間40分かかるが、最大22分短縮され、2時間18分で行くことができる。また五松(オソン、忠北)と金泉(キムチョン)、亀尾(クミ)、新慶州(シンキョンジュ、以上慶北)、蔚山(ウルサン)駅が開業し、永登浦駅(ヨンドゥンポ、ソウル)と水原駅(スウォン、京畿)にも一部KTX列車が停車する。

国土海洋部は6日「京釜高速鉄道2段階が工事が終わって28日開通式を行い、11月1日からKTXの運行を開始する」と明らかにした。2段階開通すればソウルから釜山まで大部分区間を時速300キロ台の高速列車専用線で走ることになる。料金はソウル~釜山間のKTXは、週末・祝日が5万5500ウォンで、現在より4300ウォン、平日は5万1800ウォンで3900ウォンがそれぞれ上がる。関係者は「1キロあたり運賃単価を適用すればソウル~釜山運賃を5万9600ウォンにしなければならないが、庶民負担を勘案して引き上げ幅を小さくした」と明らかにした。


【今日のイチオシ記事】
・「詩人の高銀氏、ノーベル文学賞有力候補」
・KTX・ソウル~釜山、来月から2時間18分で運行
・韓国製100点、日本製103.8点、中国製62.8点
・日本進出 KARA、1週間で5万1千万枚…100%韓国語
・日本の記者「EU、アジア最初のFTA相手国になぜ韓国?」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP