주요 기사 바로가기

128.6キロのうち74.2キロがトンネル…国産技術で完工したKTX第2段階難工事(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.27 14:55
0
大邱(テグ)-慶州(キョンジュ)-釜山(プサン)をつなぐ京釜(キョンブ)高速鉄道第2段階区間が11月1日から運行を始める。 02年に第2段階工事に着工してから8年ぶりだ。 現在3時間近くかかるソウル-釜山区間を最高2時間18分で走破できる。 ソウル-釜山軸の主要都市が2時間台の生活圏となるのだ。 国民の生活と経済にも大きな変化をもたらす見込みだ。

釜山市金井区老圃洞(キムジョング・ノポドン)から東区草梁洞(チョリャンドン)をつなぐ京釜高速鉄道の「金井トンネル」は長さが20.3キロにのぼる国内最長トンネルだ。 02年7月に着工した後、トンネル工事で掘り出された土砂だけで250万立法メートルにもなる。 またトンネル工事に使われたコンクリートはマンション1万世帯を建設できる分量の48万立法メートル。

工事も難関が多かった。 釜山都心を通過する東海南部線の真下を通るため、崩壊の危険も伴った。 釜山地下鉄1・2号線とも近距離で交差し、軟弱地帯も通過しなければならなかった。 韓国鉄道施設公団のキム・サンギュン副理事長は「京釜高速鉄道の全路線のうち最も難しかった区間」と話した。

このように京釜高速鉄道の第2段階区間は難工事の連続だった。 特に路線の相当部分が山岳地形であるためトンネル工事が多かった。 全128.6キロの区間には38カ所のトンネルがあり、その長さは計74.2キロにのぼる。 全体の58%にもなる。
128.6キロのうち74.2キロがトンネル…国産技術で完工したKTX第2段階難工事(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP