주요 기사 바로가기

双竜自動車の工場整理終わる…12日から生産再開

2009.08.10 07:42
0
長期にわたるストを終えた双竜(サンヨン)自動車の生産ライン整理が急速に進んでいる。会社側は当初予想よりも工場の被害が少なく、今月中旬ごろに生産を再開できると期待している。

京畿道平沢市(キョンギド・ピョンテクシ)の平沢工場には休日の8・9日にも700~800人の従業員が出勤し、工場点検に汗を流した。キム・チャンス塗装第2チーム長は、「掃除と整理作業はほぼ終わり、核心生産設備にも大きな問題点はないものと把握している」と述べた。当初2~3週間ほどかかると予想されていた生産再開は12日から可能とみられる。

双竜自動車広報室のチョン・ムヨン部長は、「日曜日までにほとんどの工場の清掃と整理作業を終え、プレス工場、組み立て第1工場などの試験稼働にも問題はなかった」と話している。

双竜自動車はまず10日からアフターサービス用部品生産を開始することにしている。12日からは組み立てライン全体を再稼働する方針だ。ひとまず12日にはスト開始前に各ラインで組み立て中だった未完成車両100台あまりが完成する見通しだ。すでに契約を受けている車両の引き渡しに向けたプレス作業もこの日から始まる。組み立てられた車は安全性検査などを経て14日から出庫が可能と予想される。

双竜自動車はまた、近く債権団から希望退職者の退職金、慰労金など構造調整資金1000億ウォン(約800億円)の支援を受けるものとみられる。しかし債権団は新モデルの「C200」の開発に向けた資金支援は現段階では厳しいという立場だ。


【今日のイチオシ記事】
・ 【コラム】差別を受ける韓国人被爆者
・ LGエアコンの核心技術、中国に流出するところだった
・ 禁コラム】中国・日本より先にインド市場獲得へ
・ <野球>WBC準優勝の褒賞金はまだ?
・ 蚊に刺されても唾をつけちゃダメ
・ 有名歌手にコメディアン…海外遠征芸能人賭博団を摘発

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP