주요 기사 바로가기

【ニュース分析】双竜自動車再建なるか

2009.08.07 07:34
0
双竜(サンヨン)自動車労使が平沢(ピョンテク)工場の違法占拠から77日目の6日、劇的に交渉を妥結したことで、今後の再建の可能性に関心が集まっている。

李裕一(イ・ユイル)共同管理人はこの日午後の記者会見で、「工場の精査の結果、生産と直接関係のある生産設備には被害がないことが確認され、2~3週間あれば正常に稼働できるだろう」との見方を示した。わずかな再建への希望が生き返ったことになる。労組が占拠していた塗装第1・2工場の被害は当初懸念されたものより大きくなかったということだ。

600社余りの部品メーカーによる債権団として構成された協同会も、5日に裁判所に提出した早期破産申請を撤回する雰囲気だ。協同会のチェ・ビョンフン事務総長は、「協力会社社長団が10日に集まり円滑な納品再開に向け最善を尽くすだろう」と明らかにした。

 
双竜自動車は現在100億ウォン(約7億8000万円)前後の現金を保有している。この資金は生産に向けた部品決済代金と最低限の研究開発費水準だ。このため双竜自動車は韓国産業銀行に希望退職者の退職金支援を要請することにした。4月から従業員の給料だけでなく構造調整による希望退職者の退職金も一部支払われていなかった。

双竜自動車が近く生産を再開し、来月にも正常な販売に入れば再建の可能性は大きくなる。

政府が構造調整の考えを明らかにしたことで、双竜自動車に対する経済的価値だけを問うこともできる。双竜自動車は国内自動車産業で販売台数の割合が2%、売上は4%程度だ。しかし関連産業まで含め20万人余りを雇用している双竜自動車を破産させるには負担が大きい。双竜自動車はすでに5月22日の関係人集会で「清算価値より存続価値が高い」という判定を受けている。そのため早々に破産させずに再建計画案の提出段階まで来たものだ。


【今日のイチオシ記事】
・ インドネシアにハングルを使う島が誕生
・ キム・ジャンフン、米3大新聞に「東海・独島広告」
・ 「羅老の第1段ロケット、エンジン補助ポンプに異常」
・ クリントン氏、韓国人・日本人の解放求める
・ 韓国歌謡界の家父長文化改善すべき
・ ジュエリーのパク・ジョンア&リッサンのキル、1年間熱愛中

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP