주요 기사 바로가기

双竜自動車再建のカギ握る新車「C200」、年内の販売はむずかしそう

2009.08.07 09:33
0
双竜(サンヨン)自動車が速やかに再建するには新車を早く出さなくてはならない。しかし双竜自動車が意欲的に準備してきた新車「C200」はストの影響で当初目標にしていた年内の発売は難しいとみられる。双竜自動車は4月初めのソウルモーターショーで新型車「C200」のコンセプトカーを発表した。この車は双竜自動車が初めて作るモノコックボディ車両だ。これまで双竜自動車は丈夫だが重いフレームボディのスポーツ用多目的車(SUV)だけを生産してきた。新型車は相対的に軽くて燃費がよく、双竜自動車の落ち込んだ商品性を補完してくれる期待株だった。しかし双竜自動車再建のカギを握る「C200」の販売時期は占拠ストの余波で大きく先送りされた。当初は秋ごろにも販売を開始する予定だったが、早くても来年上半期になる見通しだ。共同管理人の李裕一(イ・ユイル)氏とパク・ヨンテ氏は占拠スト直後の6月初めに、「年内のC200発表は難しいだろう」との見方を示していた。

新車を量産するには最終テストなど研究開発を終えるのはもちろん、新車のための設備導入などに少なくない資金が必要となるが、ストが長期化したことで計画がずれてきているものだ。
【今日のイチオシ記事】
・ インドネシアにハングルを使う島が誕生
・ キム・ジャンフン、米3大新聞に「東海・独島広告」
・ 「羅老の第1段ロケット、エンジン補助ポンプに異常」
・ クリントン氏、韓国人・日本人の解放求める
・ ドラマ復帰のシン・ソンイル、伊藤博文で悪役に挑戦
・ <野球>林昌勇、「大魔神」を越えろ

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP