주요 기사 바로가기

「身長マイナス110以上の体重では客室業務禁止」…女性乗務員にあからさまにやせろという中国航空会社

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.09 16:10
0
中国のある航空会社が基準体重を超過する女性客室乗務員を業務から排除するとして体重減量を要求して問題になっている。

9日、澎湃新聞など中国メディアによると、海南航空は最近客室乗務員に「専門イメージ検査と管理指針」という通知を送った。

通知には女性乗務員を体形と体重により分類し、基準体重を超過する乗務員に対しては客室業務の中断とあわせて減量を要求するとした。

 
航空会社が提示した基準体重計算方式は「身長(センチ)-(マイナス)110」だ。例えば身長が165センチの場合、基準体重は55キロとなる。

航空会社は過剰体重5%以下の女性乗務員に対しては周期的に体重をモニタリングするとした。

また、基準体重が10%を超過する乗務員に対しては直ちに客室業務を中断して減量を要求する方針だ。

航空会社側は「通常の業務以外にも女性乗務員に体重に対する要求を導入するのは専門的なイメージを維持するという意味がある」とし「海南航空が外部にとって魅力的な名刺役を果たさなくてはならない」とした。

しかし、航空業界では女性乗務員に対する体重基準は前例がないことだとして反発している。労働法違反に対する指摘も出ている。

女性労働者の体重を制限して減量という追加的な労働義務を課すことが適法なのか確認しなくてはならないという主張だ。

現地メディア「上游新聞」によると、四川のある法律事務所二所属する郭剛弁護士は「法律的な根拠もなく労働者の体重を制限して業務を停止させるというのは絶対的に違法行為」と指摘した。

澎湃は「基準体重を超過した女性乗務員に対する客室業務の中断を明示したのは中国の航空会社で初めて」とした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP