주요 기사 바로가기

中国人の敵になった…安倍元首相の死去に涙見せた中国記者、自殺図る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.23 10:48
0
安倍晋三元首相銃撃事件を伝えて涙を見せた中国人女性記者が自殺を図ったと、香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)などが22日(現地時間)報じた。記者はこの報道の後、中国のネットユーザーから激しい非難を浴びてきた。

メディアによると、日本に居住するフリーランスの中国人記者であり事業家の曾穎さんは最近、自殺を図ったという。まだ曾穎さんの正確な状態は伝えられていないが、曾穎さんが東京に設立したマーケティング会社DDBK側が曾穎さんの自殺関連報道を否認せず「身体的・精神的な苦痛があった」と明らかにしたと、SCMPは伝えた。

曾穎さんは8日、上海基盤のオンラインメディアで、安倍元首相銃撃関連の生放送中に涙を見せて批判を受けた。曾穎さん当時の報道で「安倍元首相は中国と日本の友情に大きく寄与した」とし「日本人にとって安倍元首相は思慮深い指導者だった」と伝えた。

その後、微博(中国版ツイッター)など中国SNSには曾穎さんに対する各種非難が続いた。ウェイボには「彼女は裏切り者だ。なぜ中国人が安倍の死に涙を流すのか」「安倍についていけ」などのコメントが載せられた。「曾穎は安倍のために泣いた」というハッシュタグが付いたコメントは80万回以上も照会された。

曾穎さんはSNSを通じて「職業的に正しくなかったし、みなさんの心を傷つけた行為について謝罪する」というコメントを載せたが、曾穎さんに対する攻撃は止まらなかった。曾穎さんが自殺を図った後も一部の中国ネットユーザーは非難を続けている。曾穎さんの知人は、曾穎さんは安倍元首相夫人の昭恵氏と個人的に親しく、安倍元首相の突然の死去に衝撃を受けたと伝えた。

中国では安倍元首相の死去後、山上徹也容疑者を英雄化したり、店が安倍元首相の死を祝って割引イベントを行ったりしたという。多くの中国人が安倍元首相を自国の戦争犯罪を否定する代表的な日本の右派とみていると、SCMPは伝えた。

安倍元首相は8日午前、選挙演説中に山上徹也容疑者の銃撃を受け、病院で死去した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP