주요 기사 바로가기

習近平主席、マクロン仏大統領と2回の夕食、EU委員長は冷遇…中国の儀典に差

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.04.05 16:17
0
5日、 フランスのマクロン大統領と欧州連合(EU)欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン委員長が中国を同時に訪問した。中国はマクロン大統領を歓待し、フォン・デア・ライエン委員長に対しては微温的な儀典を予告し、異なる接待を演出する姿だ。

3日、中国の華春瑩外務次官補はマクロン仏大統領が習近平国家主席の招請で国賓訪問し、北京と広州を訪問すると発表した。同行の形で中国を訪れる最高級指導者フォン・デア・ライエン委員長には言及しなかった。この日、毛寧報道官が会見の前、「中国と欧州の協議を経てフォンデアライエン委員長が5日か7日まで中国を訪問する」と短く通知しただけだ。党機関紙の人民日報は5日2面に2人の指導者の訪中を報道しながら、記事の量と見出しの大きさで国賓訪問と単純訪問の差を浮き彫りにした。

年金改革に反対するフランス国内世論を中国との経済外交成果で反転させようとするマクロン大統領を、習主席は北京に続いて広州でも晩餐会を開いて歓迎する予定だ。マクロン大統領は習主席が3期目就任後に最初に会う国家首班でもある。

 
31日に会談をしたスペイン・マレーシア・シンガポールの首相は国家首班でなく政府首脳であるため、李強首相が公式歓迎儀典に出席した。マクロン大統領は訪中期間、中国権力序列1-3位の習近平主席、李強首相のほか、趙楽際全人代常務委員長と会談する。また歓迎儀典と国賓晩餐を習主席が自ら開く。

一方、中国が改革開放時代から後退して新しい安保と統制の時代に入ったとし、欧州の対中国強硬路線を主導するフォン・デア・ライエン委員長に対しては形式的な儀典で終える雰囲気だ。フォンデアライエン委員長は李強首相と6日午前に会談と実務昼食会をした後、午後には習近平主席、マクロン大統領との3者会談をし、最後に習主席と会談して終わると、駐中欧州連合代表部が発表した。フォンデアライエン委員長は6日午後、北京の海外記者に会談の成果を伝える予定だ。

香港明報は5日、中国がフォンデアライエン委員長をマクロン大統領の随行人と見なすと伝えた。冷遇の背景をめぐってはフォンデアライエン委員長が米国の欧州代理人であり、EUの対中国強硬派で、2024年に委員長を終えた後は次期北大西洋条約機構(NATO)事務総長になる有力人物であるからだと解釈した。

昨年11月4日のショルツ独首相に続き、マクロン仏大統領が中国を訪問する背景には、経済的な危機感がある。EUが最近発表した昨年の対外貿易統計によると、EUは貨物貿易赤字が2021年の1053億ユーロ(約151兆4930億ウォン、約15兆2000億円)から昨年は4320億ユーロに急増した。このうち対中国貿易赤字が3957億ユーロで58.1%増え、赤字全体の約90%を占めた。

したがって経済的実利のためのフランスの対中国「求愛」は切実だ。エアバス経営陣など約60人の財界人が同行する。2019年に1.6%だったフランスの中国市場シェアは2021年に1.5%、22年に1.3%と減少し、ドイツの4.1%を大きく下回る中、今回の訪問で挽回するという趣旨だ。

マクロン大統領は7日、習主席の父・習仲勲氏が1978年から1980年まで党書記を務めた広東省を訪問する。中山大学で大学生およそ1000人の前で演説するマクロン大統領のために、習主席は広州を訪れて追加の晩餐会をすると、仏メディアrfiの中国語版が5日報じた。

これとは対照的にフォンデアライエン委員長は中国訪問に先立ち、先月30日にブリュッセルでドイツのメルカトル中国研究所が主催したセミナーの基調演説で、中国の「分割征服戦術」(devide and conquer tactics)を直撃した。

フォンデアライエン委員長は▼中国が改革開放時代のページを伏せて新しい安保と統制の時代に入り▼安保と統制義務が自由市場と開放貿易の論理を凌駕し▼中国共産党の目標が中国を中心とする国際秩序の体系的な変化であることが明らかになったと強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    習近平主席、マクロン仏大統領と2回の夕食、EU委員長は冷遇…中国の儀典に差

    2023.04.05 16:17
    뉴스 메뉴 보기
    マクロン仏大統領とウルズラ・フォンデアライエン(左)EU執行委員長が3日、中国訪問に控えて会い、共同対応について議論した。 [フォンデアライエン委員長 ツイッター]
    TOP