주요 기사 바로가기

韓国外交部長官の台湾問題発言に反発する中国…「口出し容認しない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.02.28 16:08
0
台湾海峡有事の際、韓半島(朝鮮半島)の安定を維持しなければならないという韓国外交部の朴振(パク・ジン)長官の発言に、中国外交部の毛寧報道官が「口出しは容認しない」という意味の四字熟語「不容置喙」を使って反発した。

毛報道官は前日(27日)の定例会見で朴長官の台湾問題関連のCNNのインタビューに対する立場を尋ねる中国メディアの質問に「台湾問題は中国の内政で、他人が口出しすることは許さない」と強い語調で答えた。

朴長官は22日に報道されたCNNのインタビューで、米国と中国が対立している台湾問題に関連して「韓国は武力による一方的な現状態の変更に反対する」とし「このような観点で我々は台湾海峡で何事かが起きれば、我々は韓半島の平和と安定を維持しなければならない。これは我が国に直接的な影響を及ぼすため」と話した。

 
毛報道官はこれに対して「不容置喙」という表現を使って反発した。「不容置喙」は清国の作家である蒲松齢の小説に登場する言葉で、相手の干渉を許さないという意志が込められた表現だ。強い語調で相手を批判する時に主に使われる。中国は香港問題や東シナ海島しょ領有権問題をはじめとする自国の核心利益に関連した外交葛藤がある時に使用してきた。

中国が問題にした朴長官の発言は「台湾海峡の平和と安定は韓半島の平和と安定のためにかなり重要」という韓国政府の従来の立場をさらに明確に強調したものとみられる。「武力による現状変更」に反対することによって、中国の台湾侵攻に反対する点を明確にし、台湾有事の際、韓半島の安定を維持するためにある種の立場または行動を取る可能性があることを示唆したと分析することができる。

ただし毛報道官が強い言葉で朴長官の発言を批判すると、韓国外交部も中国側の真意を把握して後続対応の検討に出たという。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部長官の台湾問題発言に反発する中国…「口出し容認しない」

    2023.02.28 16:08
    뉴스 메뉴 보기
    27日、ソウル中区(チュング)のロッテホテルで開かれた韓半島(朝鮮半島)平和作り第1回韓半島戦略対話で韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官が発言をしている。ウ・サンジョ記者
    TOP