주요 기사 바로가기

墜落旅客機の残骸の中から見つかった20代搭乗客のメモ…中国中が泣いた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.28 09:37
0
中国東方航空旅客機の残骸から搭乗客のものと推定されるメモが見つかり人々を悲しませていると、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)などが26日(現地時間)、報じた。

報道によると、このメモは墜落旅客機に搭乗した20代女性シャンさんが書いたものだとみられている。シャンさんのメモには「玉のペンダントは一年の無病長寿を願い、幸運を象徴する」という言葉が書かれている。

宝石の一種である玉で作った各種装身具をオンライン上で販売しているシャンさんは広州で開かれる玉のジュエリー販売行事に参加するためにこの旅客機に搭乗したという。

現地メディア「澎湃」は「メモに含まれた内容は玉製品の販売員が製品を広報する時に使う言葉」としながら「おそらくシャンさんは販売行事イベントを控えて玉について勉強していたものとみられる」と伝えた。

玉の販売員が自分の身の上に降りかかった運命を知らないまま、吉祥の象徴と見なされている玉の意味を書き留めていた。

旅客機に登場直前にSNSに残したシャンさんの短い言葉も一歩遅れて伝えられた。シャンさん「どのような種類の目標が推進すべき価値があるのか、そしてその価値は永遠なるものか」とし、人生の目標を自問していた。

SCMPは「これを見た中国人の心が大きく揺さぶられた」と伝えた。

先立って乗員9人・乗客123人を乗せた中国東方航空所属のMU5735便旅客機は、21日午後、雲南省昆明を出発して広東省広州に向かう途中、広西省チワン族自治区梧州藤県付近の山岳地域に墜落した。

中国東方航空飛行事故緊急措置指揮本部はこの日、「事故機に搭乗した132人全員が死亡したことを確認した」と明らかにした。

◆ブラックボックス追加発見…2台すべて回収

緊急措置指揮本部はこの日午後の記者会見で、この日午前、広西チワン族自治区梧州市の事故現場で、事故機に設置された2台のブラックボックスのうち未回収状態だったもう1台を追加で発見したと明らかにした。

専門家はこの物体が事故旅客機の2台目のブラックボックスである飛行記録装置(FDR)であることを確認し、判読のために北京に輸送したと指揮本部は説明した。

これに先立ち当局は、23日にブラックボックスのうちの一つである操縦室用音声記録装置(CVR)を回収して現在判読中だ。事故機に設置されていたブラックボックス2台をすべて確保したことを受け、事故当時の機体急降下の原因など事故原因の究明作業に弾みがつく見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    墜落旅客機の残骸の中から見つかった20代搭乗客のメモ…中国中が泣いた

    2022.03.28 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    中国東方航空所属の旅客機。
    TOP