주요 기사 바로가기

文前大統領「前安保室長の拘束は残念だ」 与党「責任回避の意図」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.05 07:51
0
文在寅 全大統領が4日、「徐薫(ソ・フン)前安保室長は最高の対北朝鮮交渉家」とし、「そのような信頼の資産を壊してしまうとは、あまりにも残念なことだ」と述べた。裁判所が3日未明「証拠隠滅の恐れがある」として徐前室長の拘束令状を発行すると、直接フェイスブックにコメントを書いた。検察の拘束令状請求に「どうか度を越えないことを願う」として1日警告性「立場文」を発表した。これに対し、与党・国民の力が「どうか度を越えないでほしい」(朴正夏首席報道官)と対抗し、徐勲氏に対する拘束捜査で新旧権力間の葛藤が大きくなっている。

これに先立ち、ソウル中央地裁のキム・ジョンミン令状専担部長判事は2日、徐前室長に対して歴代最長記録である10時間10分余りの間、令状実質審査を行った。その後、3日午前5時ごろ「犯罪の重大性および被疑者の地位および関係者らとの関係から見て証拠隠滅の恐れがある」として拘束令状を発行した。刑事訴訟法第70条によると、裁判所は被疑者が罪を犯したと疑うほどの相当な理由があってこそ拘束令状を発行する。

徐前室長の弁護を担当したイ・ソクス弁護士によると、検察は審査で「文前大統領が1日、国会で尹建永(ユン・ゴンヨン)議員を通じて立場文を代読させるなど、徐前室長側が容疑を強く否認している点を挙げ、証拠隠滅の恐れがある」と強調したという。

検察は徐前室長が公務員イ・デジュンさんの北朝鮮軍による殺害・焼却事実を隠蔽しようとするなど刑法上職権乱用の疑いがあると見て拘束令状を請求した。国防部と国情院はイさん襲撃翌日の2020年9月23日午前1時、関係長官会議が終わった直後、軍情報関連報告書計106件を削除したが、徐前室長が会議で「保安を維持せよ」という緘口令を下したとした。また、イさんのものかどうかは確認されていない甲板上のスリッパとイさんの行方不明後の同じ救命胴衣の数量にもかかわらず、国防部と海洋警察が「自主越北」分析報告書と捜査結果を発表したことに対しては、虚偽公文書作成および行使容疑を適用した。

しかし、文宣大統領は裁判所が歴代最長時間の審査を経て犯行の重大性と証拠隠滅の恐れを認め、徐前室長の拘束令状を発行したことに対し、翌日の4日午後フェイスブックに批判文を投稿した。「徐薫室長は金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)、文在寅政府のすべての対北朝鮮交渉に参加した最高の北朝鮮専門家、戦略家、交渉家」とし、「徐薫氏のように長い年輪と経験を備えた信頼の資産を壊してしまうとはとても残念なこと」と書いた。

特に、徐前室長の功績について、韓米間でも最上の情報協力関係を構築し、緊密な協力で文政権初期の北朝鮮の核ミサイル危機を乗り越え、平和オリンピック(五輪)と米朝首脳会談まで導き出し、平和の大転換を作り出した」と褒め称えた。

これに対し、国民の力のパク・ジョンハ首席報道官は口頭論評を通じて「文前大統領が徐前室長に対して過敏に反応するのは徐前室長をかばって何とか自身に対する責任を避けたいためと解釈される」と反論した。

また「西海公務員襲撃事件は平凡な韓国公務員を死に至るまで放置しただけでなく、国が出て資料を操作・隠蔽し、越北に見なした事件」とし「文前大統領に要請する。どうか度を越えないでほしい」とも話した。

他の与党関係者は「文前大統領は『軍積弊捜査』を名分に金寛鎮(キム・グァンジン)元安保室長に対して2回の拘束令状が請求されたのはすっかり忘れたようだ」とし「自分の人だけをかばう典型的なダブルスタンダード」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文前大統領「前安保室長の拘束は残念だ」 与党「責任回避の意図」

    2022.12.05 07:51
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅前大統領と徐薫青瓦台国家安保室長[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP