주요 기사 바로가기

ウズベキスタンの北朝鮮レストランで従業員5人が脱北…総責任者も含む

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.10.05 16:44
0
ウズベキスタンの北朝鮮レストランの従業員5人が脱北し、このうち従業員の管理監督を担当する総責任者も含まれていることがわかった。

ラジオ・フリー・アジア(RFA)が5日に現地僑民の話として、「レストランには総責任者をはじめとするホールサービススタッフ5人とキッチンスタッフ2~3人など7~8人が勤めていた。ホールサービスを担当した従業員が全員脱北した」と伝えた。

このレストランでは5月と6月に各1人、8月に3人の従業員が脱北し、特に8月に脱北した総責任者は従業員が相次いで脱北したことに対する問責を恐れて決行した可能性があるとRFAは説明した。

RFAは5月と6月の従業員脱北を契機にレストランに対する保衛部の監視があったが、残った従業員の本国召還がすぐに行われなかったのはコロナ禍のためとみられると伝えた。

また、このレストランは相次いで脱北が発生した後に撤退したとみられる。現地僑民はRFAに「数日前までレストランの看板が掲げられていたが、現在は内部工事が進行中。現在は営業しておらず撤収したとみられる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP