주요 기사 바로가기

【社説】脱北漁民北へ送還写真であらわれた文政府の反人権形態

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.13 10:30
0
韓国政府が板門店(パンムンジョム)で北朝鮮への引き渡しに抵抗する脱北漁民を強制的に送還した写真が公開された。統一部が国会の要求で昨日提出した写真10枚には、2019年11月7日に脱北漁民2人を板門店を通じて北朝鮮側に強制送還する衝撃的な過程が写っている。

統一部が撮影した写真には、脱北者は板門店に到着する時から囚人のように縄で縛られていた。顔を隠されたまま板門店の軍事境界線を越えまいと叫びながら強く抵抗し、転倒する姿もあった。当時、政府は2人が板門店に移す際、口をふさいで眼帯をかぶせ、どこに行くのかさえも分からないようにした。板門店で眼帯を外すと、目の前に北朝鮮軍が立っていたため、その場に座り込んだという。反人権的な行為が大韓民国で生じたのだ。

脱北漁民は木船に乗って南下し、同年11月2日に海軍に拿捕された。文在寅政権は合同調査を3日間で終了し、北側に送還の意思を伝えた。強制送還の過程には警察の特攻隊8人を動員した。しかし脱北者を強制送還する行為は現行法違反だ。憲法(3条)は北朝鮮住民を大韓民国の国民と規定していて、韓国に入国すれば当然国民となる。にもかかわらず当時の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は強制送還直後に国会で「彼らは死んでも北に戻ると明らかにした」という趣旨の発言をし、論議を呼んだ。昨日公開された写真とは180度異なる主張という疑いを抱かざるを得ない。

たとえ脱北者が北朝鮮で犯罪をしても、政府が脱北者を北朝鮮に強制追放する権利はない。さらに2人は亡命の意思を自筆文書で残したと、統一部は先日公開した。北朝鮮離脱住民法(32条)は脱北者は韓国で裁判を受ける権利と90日以内に異議を申請する権利も規定しているが、これらすべてが剥奪された。明白な人権蹂躪だ。

しかも脱北者を北朝鮮に送還する場合、拷問を受けたり、最悪の場合は命まで失う危険もある。国際社会が見守る中で政府は恥ずかしい行為をしたのだ。さらに国家情報院は2人に対する政府合同調査を早期に強制終了させた状況が表れている。

脱北者が北朝鮮で犯罪をしたという諜報を軍情報機関が把握したとしても、事件に対する捜査が優先されるべきだった。しかし詳細な調査や捜査はしなかった。そしていかなる法的権限がない青瓦台国家安保室が2人を北朝鮮に強制送還する処分を下したということだ。

脱北者を強制送還した過程で表れた文在寅政権の不法行為は一つや二つでない。すべて厳正な捜査が避けられない。脱北者の生活は平和統一の未来だ。今からでも文在寅政権の反倫理的不法行為の真実は明らかにする必要がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】脱北漁民北へ送還写真であらわれた文政府の反人権形態

    2022.07.13 10:30
    뉴스 메뉴 보기
    統一部が12日に公開した脱北漁民の強制送還場面。文在寅(ムン・ジェイン)政権が亡命の意思を明らかにした脱北漁民2人を2019年11月7日、板門店(パンムンジョム)で強制的に北朝鮮軍に引き渡している。脱北漁民は板門店の軍事境界線を越えようとせず、北朝鮮軍は脱北漁民を北朝鮮側に引いていて、韓国政府当局者は北朝鮮側に押している。統一部はこのような送還場面が入った写真10枚を公開した。 [統一部]
    TOP