주요 기사 바로가기

「17万人感染」北朝鮮を襲ったコロナ恐怖…金正恩「中国の防疫を見習うべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.14 13:45
0
北朝鮮で13日の一日に全国的に17万4400人の発熱患者が発生し、21人が死亡したと、朝鮮中央通信が14日報じた。

報道によると、国家非常防疫司令部は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が開いた政治局協議会でこうした状況を報告した。

4月末から5月13日までに発生した全国的な発熱患者数は52万4440人で、累計死亡者数は27人と報告された。発熱患者のうち24万3630人が完治し、28万810人が治療中という。

金正恩委員長は「わが国でも悪性伝染病の伝播があり、建国以来の大動乱といえる」としながらも、強い組織力と統制力を維持して防疫闘争を強化していけば危機を克服できると述べた。

続いて「他の先進国の防疫政策と成果経験をよく研究することも重要だ」とし「中国の党と人民が収めた先進的で豊富な防疫成果と経験を積極的に見習うべきだ」と注文した。中国のように強力な封鎖による新型コロナ防疫政策を実施しようという意味と解釈できる。

金委員長は「現状況は地域間の統制不能な伝播でなく封鎖地域と該当単位内での伝播状況だ」とし、悪性伝染病を最短期間内に克服できるという信念を持つべきだと呼びかけた。また「我々が直面した保健危機は防疫事業での党組織の無能と無責任、無役割にも起因する」と指摘し、各級党組織実務者に向けて「群衆の中に深く入っていくべき」と注文した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP