주요 기사 바로가기

「封鎖令」中国上海アパートで40代韓国人駐在員が遺体で発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.04 06:55
0
中国上海で新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)拡大防止のための長期封鎖が続いている中、自宅に留まっていた40代韓国駐在員が遺体で発見された。

3日、上海海外在住韓国人社会などによると、この日、上海コリアンタウン付近の閔行区のあるアパートで40代男性Aさんが遺体で発見された。

アパート全体団地の住民を対象に新型コロナ検査を進めていたところ、一人で暮らしていたAさんが検査を受けないと管理事務所側が自宅に訪ねて亡くなったAさんを見つけたこと。このアパートは先月から封鎖状態が続き、このためにAさんも会社に出勤できず自宅に一人で留まっていたという。

中国公安は現場に出動して死亡経緯などを調べている。住民の間では「Aさんが亡くなって数日が過ぎたようだ」という主張もあった。

駐上海総領事館所属領事も現場に出て現場調査に参加する一方、公正で客観的な死亡原因を調査してほしいと求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「封鎖令」中国上海アパートで40代韓国人駐在員が遺体で発見

    2022.05.04 06:55
    뉴스 메뉴 보기
    中国上海で留学しているチェ・ジウォンさんが先月撮影した上海の様子。道路に車がほとんど見えない。[写真 チェ・ジウォンさん提供]
    TOP