주요 기사 바로가기

「コロナ0人」としていた北朝鮮、オミクロン株に突破された…「非常事件」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.12 14:20
0
北朝鮮が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)患者発生の対策を議論するために12日、緊急政治局会議を招集した。新型コロナ感染者が一人もいないと主張してきた北朝鮮が感染事実を認めたのは今回が初めてだ。

北朝鮮官営「朝鮮中央通信」は「2020年2月から今日に至る2年3カ月にわたり強硬に守ってきた我々の非常防疫戦線に破空ができる国家最重大非常事件が発生した」とし「国家非常防疫指揮部と該当単位では5月8日首都のある団体の有熱者から採集した検体に対する厳格な遺伝子配列分析結果を審議し、最近世界的に急速に伝播しているオミクロン株変移ウイルス(BA.2)と一致すると結論した」と明らかにした。

労働党本部庁舎で開かれた党中央委員会第8期8次政治局会議では全国的なウイルス伝播状況を共有して今後の防疫対策を議論したと通信は伝えた。

政治局は造成された現状況に対処するために国家防疫事業を最大非常防疫体系として履行することが必要だとみて、これに対する朝鮮労働党中央委員会政治局決定書を採択した。

会議に出席した金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は「我々の境内に侵襲した新型コロナウイルスの伝播状況を安定的に抑制・管理し、感染者を早期に治癒させて伝播根源を最短期間内になくさなければならない」とし「我々において悪性ウイルスよりも危険なのは非科学的な恐怖と信念不足・意志薄弱」と述べたと通信は伝えた。

金委員長は「全国のすべての市・郡で自分の地域を徹底的に封鎖し、事業単位、生産単位、生活単位別に隔閉した状態で事業と生産活動を組織し、悪性ウイルスの伝播空間を隙間なく完ぺきに遮断せよ」と命令した。

あわせて「防疫形勢が厳しいからといっても、計画された経済事業で逃すものがあっては絶対にいけない」とし「国防で安全の空白が生じないように万全を期せ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP